からくさ図書館来客簿*仲町六絵

  • 2014/01/30(木) 19:03:37

からくさ図書館来客簿 ~冥官・小野篁と優しい道なしたち~ (メディアワークス文庫)からくさ図書館来客簿 ~冥官・小野篁と優しい道なしたち~ (メディアワークス文庫)
(2013/05/25)
仲町 六絵

商品詳細を見る

京都の一角に佇む「からくさ図書館」は、優しげな図書館長の青年と可憐な少女とが二人きりで切り盛りする、小さな私立図書館。紅茶か珈琲を味わいながら読書を楽しめる、アットホームなこの図書館には、その雰囲気に惹かれて奇妙な悩みと出会ったお客様が訪れる。それぞれに悩みを抱えるお客様に、図書館長・小野篁が差し出すのは、解決法が記された不思議な書物で―。悠久の古都で綴られる、ときにほろ苦く、けれど温かなライブラリ・ファンタジー。


図書館というタイトルに惹かれて読み始めてみたが、あまりにぶっ飛んだ設定にいささかたじろいだ。図書館長が、冥界のお役人だったり、井戸を通ってあちらと行き来していたり、善行を成したにもかかわらず天道へ行き迷っている「道なし」を焦げくさい臭いで見つけ出して、無事天道へ送り出すのを仕事にしていたり。縄張りを図書館にした必然性はあまり感じられないが、館長・篁の趣味と言われてしまえばそれまでである。道なしを天道に送るとともに、彼らが取りついた現世の人間の悩みも解決している。なんとなくピントがずれているようで、お人好しでもあり、それでいて自分の役割はきっちり果たすような篁のキャラクターと、時空を超えた愛の物語でもあるので、ついつい読み切ってしまった。タイムトリップの要素が加わった、あの作品とかその作品とかのような一冊ではある。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する