fc2ブログ

日の砦*黒井千次

  • 2004/10/24(日) 20:27:28

☆☆☆・・


 結婚する息子、老いていく夫婦、勤め始めて帰りが遅くなる娘、
 郊外で暮す男の日常と、穏やかな日々の底にひそむ
 正体の掴めぬ不安に迫る連作小説。
 定年後、家族の心を乱すものは…。

                           (帯より)


定年を迎え、都心へばかり向かう自分から 住まいとする郊外の些細なことに目を向ける自分となった高太郎。その目に映るものは 穏やかな日々の中にそこはかとない違和感や不安を抱かせる。
変わったのは自分なのか それとも周りなのか。しあわせなさみしさを感じさせられる些細な物語たちである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する