長女たち*篠田節子

  • 2014/05/09(金) 13:43:47

長女たち長女たち
(2014/02/21)
篠田 節子

商品詳細を見る

親が老いたとき。頼りされるのはもはや嫁でも長男でもない。無責任な次女、他人事の兄弟…追いつめられた長女の行く末は?痴呆が始まった母のせいで恋人と別れ、仕事も辞めた直美。父を孤独死させた悔恨から抜け出せない頼子。糖尿病の母に腎臓を差し出すべきか悩む慧子…当てにするための長女と、慈しむための他の兄妹。それでも長女は、親の呪縛から逃れられない。親の変容と介護に振り回される女たちの苦悩と、失われない希望を描く連作小説。


「家守娘」 「ミッション」 「ファーストレディー」

主人公は長女。長女と家、あるいは親との関係は、長女以外の家族とはひと味違っているようだなどと、いままで考えたこともなかったが、本作を読むと、確かにほかの家族とはいささか違った立ち位置にいるのかもしれない、と思えてくる。それが、親から教え込まれたものなのか、長女として生まれる宿命を負ったときから刷り込まれているものなのかはわからないが、親との距離感はほかの兄弟姉妹とはいささか違うかもしれない、と気づかされる。自分で望んで長女として生まれてきたわけではない彼女たちは、何を選択し、どう生きればよかったのだろう。逃れられない宿命であるならば、よりよい関係でいたいと心底思わされる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

長女の置かれた環境と心理は
考えてみると意外にもあまり描かれてこなかった気がします
連作短編という形で、著者自らを投影しつつ
いろいろなケースを書き分ける器用さには
相変わらず脱帽しましたが
篠田氏らしいもっと人をえぐるような描写が
やや影を潜めていたのは残念です
それでもレヴェルとしては高い
さすがです

  • 投稿者: チョロ
  • 2014/05/14(水) 17:22:04
  • [編集]

<長女>にスポットを当てようと考えたのには
何かわけがあるのでしょうかね。
わたしも長女なので、いろいろ考えさせられました。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2014/05/14(水) 18:21:10
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する