FC2ブログ

マドンナ*奥田英朗

  • 2004/11/02(火) 21:59:14

☆☆☆☆・


表題作のほか ダンス・総務は女房・ボス・パティオ の5つの短編集。

どの物語も主人公は中間管理職である課長である。上と下に挟まれて企業内でも一番苦労が多いと言われるポジションである。何かと闘う日々を過ごしているのであろうと思われる。そして さぞお疲れのことだろう。
そんなお疲れの、しかし 企業戦士とも言うべき中年課長さんたちの日常の些細な心の針の振れを描いて見事だと思う。ともすれば敬遠されがちな‘オジサン’たちに愛おしささえ覚えてしまう。まんざらでもないぞ‘オジサン’と。

V
V

TB

AOCHAN-Blog
ぱんどら日記
乱読日記
映画な日々。読書な日々。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「マドンナ」奥田英朗

タイトル:マドンナ著者  :奥田英朗出版社 :講談社文庫読書期間:2006/06/14お勧め度:★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]人事異動で新しい部下がやってきた。入社四年目の彼女は、素直で有能、その上、まずいことに好みのタイプ。苦しい片思いが始まってしまっ

  • From: AOCHAN-Blog |
  • 2006/06/22(木) 01:24:41

奥田英朗【マドンナ】

ハタチやそこらの若者ならば、人を好きになったら自分を好きになってもらって相思相愛になり、手をつないでキスして抱き合えたら、このうえもなく幸せだろう。それは動物の本能と生理にのっとった、自然な行動でも

  • From: ぱんどら日記 |
  • 2006/08/08(火) 14:47:26

マドンナ

奥田 英朗 マドンナ [要旨]42歳の課長さん、17歳年下のキャリアガールに恋をする。おたくの職場、どうよ?ユーモアとリアリティ。新オフィス小説。? やぎっちょさん のところから拾ってきました。本の趣味があうらしく、よく拾わさせていただい

  • From: 乱読日記 |
  • 2006/11/01(水) 20:58:26

奥田英朗 『マドンナ』

マドンナ (講談社文庫)/奥田 英朗 ¥620 Amazon.co.jp 部下に恋をする。息子がダンサーになりたいと言い出す。同い年の女性が上司になる-今、日本で一番大変なのは「課長さん」。注目の大薮春彦賞作家が、愛をこめて「課長さん」を描く短編集。 最近新刊の...

  • From: 映画な日々。読書な日々。 |
  • 2008/07/10(木) 00:23:39

この記事に対するコメント

こんばんは。
ガールは面白く読んだのですが、こちら40代の課長さんのお話を集めたこちらはちょっと物足りない感じでした。
でも若い子に妄想で恋しちゃう課長さんとかは可愛かったし、課長さんガンバレといいたくなる本でしたね。

  • 投稿者: masako
  • 2008/07/10(木) 00:30:39
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する