あの街で二人は

  • 2014/07/18(金) 17:05:25

あの街で二人は: ‐seven love stories‐ (新潮文庫)あの街で二人は: ‐seven love stories‐ (新潮文庫)
(2014/05/28)
村山 由佳、山本 文緒 他

商品詳細を見る

私はきっと、探していたんだと思う。迷える恋の行きつく場所を。心が解き放たれる瞬間を――。隠してきた気持ちを打ち明ける決意、恋人未満の男友だちとの転機。そして、平凡な日常を鮮やかに一変させた大恋愛。すべて、あの風景に出会ったことがきっかけだった。全国の「恋人の聖地」を舞台に、七人の作家たちが彷徨う想いを丁寧に紡ぎだす。宝石のようにきらめく最高のアンソロジー。


 村山由佳「アンビバレンス」  六本木ヒルズ展望台/東京シティビュー
 加藤千恵「パノラマパーク パノラマガール」 伊豆の国パノラマパーク/空中公園
 山本文緒「バヨリン心中」 浜名湖かんざんじ温泉
 マキヒロチ「10年目の告白」 ラ チッタデッラ 
 畑野智美「黒部ダムの中心で愛を叫ぶ」 黒部ダムの麓 信濃大町
 井上荒野「最後の島」 牛窓/オリーブ園 幸福の鐘
 角田光代「その、すこやかならざるときも」 かのやばら園

あの街もさまざまあれば、二人もさまざまである。いろんな場所でいろんな二人が、真剣に相手のことを考えているのだと思うと、なんだか胸にあたたかいものが満ちてくる気がする。恋人の聖地と言われる風景を眺めながら、内容はそれぞれでも、誰もが何かを決心している。たとえそれがつらいものであっても、恋する悩みはいいな、と思わされる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する