ひとなつの。

  • 2014/08/11(月) 16:45:52

ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 (角川文庫)ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 (角川文庫)
(2014/07/25)
森見 登美彦、瀧羽 麻子 他

商品詳細を見る

7月のある日、「郵便」を発見したぼくの、胸がきゅんとするやりとり―(「郵便少年」森見登美彦)。映画の撮影用に借りた家に住むことになった映画監督の息子の夏(「フィルムの外」大島真寿美)。浪人2年目の夏、青春18きっぷを片手に出かけたあてのない逃避行―(「ささくれ紀行」藤谷治)。夏をテーマに大島真寿美、瀧羽麻子、藤谷治、森見登美彦、椰月美智子が競作。まぶしい日差しの中、きらきら光る刹那を切り取った物語。


「郵便少年」森見登美彦 「フィルムの外」大島真寿美 「三泊四日のサマーキャンプ」椰月美智子 「真夏の動物園」瀧羽麻子 「ささくれ紀行」藤谷治

主人公はどれも少年少女である。それぞれの夏休みのひとこまが、きらきらとまぶしい。たとえそのとき心が鬱屈していたとしても、後になって振り返ればきっと輝く夏の日差しとともに思い出して笑顔にしてくれることだろう。夏休みって特別だ、と思わせてくれる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する