銀翼のイカロス*池井戸潤

  • 2014/08/26(火) 21:05:47

銀翼のイカロス銀翼のイカロス
(2014/08/01)
池井戸 潤

商品詳細を見る

半沢直樹シリーズ第4弾、今度の相手は巨大権力!
新たな敵にも倍返し! !

頭取命令で経営再建中の帝国航空を任された半沢は、
500 億円もの債権放棄を求める再生タスクフォースと激突する。
政治家との対立、立ちはだかる宿敵、行内の派閥争い
――プライドを賭け戦う半沢に勝ち目はあるのか?


今作は、相手が大きい。ナショナルフラッグキャリアである帝国航空の再生タスクフォースに、半沢直樹が立ち向かうのである。しかし、そこは半沢、相手が小さかろうが大きかろうがスタンスは変わらない。「やられたらやり返す、倍返しだ」である。帝国航空の破綻に、合併して東京中央銀行になる前の東京第一銀行時代のうやむやにされた不良債権がらみの事情が、政界とも緊密に絡み合って事を厄介にしているのだが、そこが逆転のキーポイントでもあるのである。出向待ちの部署とも言われる検査課の富岡が、今回は半沢を大いに助けてくれる。同期や周りの人間を巻き込み、助けられて事を成すのは、相変わらずの半沢流であり、胸がすく心地である。ただ勝手な話だが、中小企業の味方の半沢直樹の方が、個人的にはスカッとする度合いが高いようにも思う。中野渡頭取退任後の東京中央銀行と半沢の行方もぜひ見届けたいと思わされるシリーズである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する