ヒートアップ*中山七里

  • 2014/10/06(月) 16:49:28

ヒートアップヒートアップ
(2012/09/27)
中山 七里

商品詳細を見る

七尾究一郎は、厚生労働省医薬食品局の麻薬対策課に所属する麻薬取締官。警察とは違いおとり捜査を許された存在で、さらに“特異体質”のおかげもあり検挙率はナンバーワン。都内繁華街で人気の非合法ドラッグ“ヒート”―破壊衝動と攻撃本能を呼び起こし、人間兵器を作り出す悪魔のクスリ―の捜査をしている。暴力団組員の山崎からヒートの売人・仙道を確保するため手を組まないかと持ちかけられ、行動を共にして一週間。その仙道が殺される。死体の傍に転がっていた鉄パイプからは、七尾の指紋が検出された…。殺人容疑をかけられた麻取のエース・七尾。誰が、なぜ嵌めたのか!?冤罪は晴らせるか!?―。


特異体質のおかげで麻薬取り締まりのおとり捜査に活躍している七尾が主人公である。七尾のアウトローぶりや、暴力団・宏龍会のナンバー3の山崎との絡み、ほんとうの敵は誰なのか、という興味は先を急ぎたくなるが、あまりにもグロテスクな描写には目を背けたくもなる。ラストのちょっとしたどんでん返しを含め、人間の心情の複雑さには興味をそそられる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する