FC2ブログ

34丁目の奇跡*ヴァレンタイン・デイビス

  • 2004/11/17(水) 22:20:25

☆☆☆☆・


          片岡しのぶ=訳

     ミスター・クリス・クリングル、

          いったい、あなたは・・・・・!?


                        表紙裏より


まず映画として作られ、そのあとで小説として出版されたものとのこと。

サンタクロースを信じるかどうか、というのは だれもが通る 夢と現実とのぶつかり合いなのではないだろうか。
サンタクロースはいないのだ、と自分を納得させるところに 現実を生きる大人としてのスタートラインがあるのだと 誤解している人も多いだろう。

けれども この物語を読めば 信じつづけること、夢みつづけることを諦めなくても 現実を生きる大人になれることを 疑わなくなること請け合いである。
いや、信じつづけ、夢みつづけるからこそ 人はみなしあわせに生きてゆけるのだと 自信を持って言えるようになるだろう。

 「クリスマスは<心>ですよ」
という クリスのことばが胸に沁みる。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する