ディーセント・ワーク・ガーディアン*沢村凛

  • 2015/01/01(木) 17:12:07

ディーセント・ワーク・ガーディアンディーセント・ワーク・ガーディアン
(2012/01/18)
沢村 凜

商品詳細を見る

「人は、生きるために働いている。だから、仕事で死んではいけないんだ」労働基準監督官である三村は、〈普通に働いて、普通に暮らせる〉社会をめざして、日々奮闘している。行政官としてだけでなく、時に特別司法警察職員として、時に職務を越えた〈謎解き〉に挑みつつ。労働基準監督署を舞台に描く熱血エンターテインメント!


第一話 転落の背景  第二話 妻からの電話  第三話 女の頼み事  第四話 部下の迷い  第五話 フェールセーフの穴  第六話 明日への光景

労働基準監督官という仕事にスポットライトを当てたお仕事小説であり、謎解きもあるミステリでもあって、ひと粒で二度おいしい感じでうれしい。労働基準監督官の三村と友人で刑事の清田との関わりも好もしいし、それぞれのキャラクタがしっかりしていて読みやすい。監督に出向く先の事業所の問題ばかりでなく、三村の家族の事情や、部下との関係も絡ませてさまざまな興味を掻き立てられるが、どれも散漫になっていないのがいい。労働基準監督官という仕事の大切さと苦労のことを、いままでまったく知らなかったと思い知らされ、読んでよかったと思わせる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する