転落*永嶋恵美

  • 2015/03/12(木) 17:22:51

転落転落
(2004/07)
永嶋 恵美

商品詳細を見る

落ちていく速度は転げるように早い――
ホームレスになってしまった「ボク」は、食料を探していた神社で、小学生の麻由から弁当を手渡される。巧妙な「餌付け」の結果生まれた共犯関係は、運命を加速度的に転落へと向かわせる。見せ掛けの善意に隠された嫉妬・嘲笑・打算が醜くこぼれ落ちるとき、人は自分を守れるのか!?驚愕の心理サスペンス。


全体に重苦しい空気が垂れ込め、一歩前へ足を出すのも大儀な印象の物語である。ひとつ間違えるとここまで転がり落ちてしまうものだろうか。あちこちに罪深い者がいて、彼らが複雑に絡まり合ってしまい身動きが取れなくなっているようにも見える。善意と思ったものが自己中心的な悪意であったり、興味本位の詮索であったりもする。何重にも欺かれる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する