神さまたちの遊ぶ庭*宮下奈都

  • 2015/04/07(火) 12:38:08

神さまたちの遊ぶ庭神さまたちの遊ぶ庭
(2015/01/16)
宮下 奈都

商品詳細を見る

北海道を愛する夫の希望で、福井からトムラウシに移り住んだ宮下家五人。TSUTAYAまで60キロ、最寄りのスーパーまで37キロ。「誰が晩のおかずの買い物をするのかしら」。小中学生あわせて15名の学校には、元気満々曲者ぞろいの先生たち。ジャージで通学、テストも宿題もないけれど、毎日が冒険、行事は盛り沢山。大人も子供も本気の本気、思いきり楽しむ山での暮らし。大自然に抱かれた宮下家一年間の記録。


夫の熱望に負けて――というよりも著者自身もわくわくしながら――、十勝の山の中、アイヌ語で「カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)」と呼ばれるほど素晴らしい景色に恵まれた土地である富村牛(トムラウシ)に一年の期間限定で家族で移り住んだ宮下家の春夏秋冬である。村の人たちのあたたかい歓迎、子どもたちの順応力、先生たちの熱心さ、四季の移ろい、村を上げての行事の数々、そして何より著者のわくわく感がリアルに伝わってくるようで、こちらまで興奮してくる。後ろ髪引かれる別れの辛さと、福井に戻ってからのふわふわした感じ、そして反れたまたいつしか日常になっていきそうな予感まで含め、とても愛おしい一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する