パレードの誤算*柚月裕子

  • 2015/06/24(水) 06:56:59

パレートの誤算
パレートの誤算
posted with amazlet at 15.06.23
柚月 裕子
祥伝社
売り上げランキング: 116,991

念願の市役所に就職がかなった牧野聡美は、生活保護受給者のケアを担当する事になった。 敬遠されがちなケースワーカーのという職務に不安を抱く聡美。先輩の山川は「やりがいのある仕事だ」と励ましてくれた。その山川が受給者たちが住むアパートで撲殺された。受給者からの信頼も篤く、仕事熱心な先輩を誰が、なぜ? 聡美は山川の後を引き継いだが、次々に疑惑が浮上する。山川の知られざる一面が見えてきたとき、新たな惨劇が……。


生活保護受給者とケースワーカーに焦点を当てた物語である。生活保護受給者のさまざまな事情と、それを悪用する貧困ビジネス。そして、受給者に親身に向き合い、あるいは自らの在りように葛藤し、職務の意味に疑問を抱きつつ、あまりにも多い案件を抱えながらも日々奮闘するケースワーカーたち。どうにもならないやりきれなさと、憤り、行き止まりまで追い詰められた時に一条の光となってくれる存在のことなど、さまざまなことを考えさせられる一冊だった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

柚月さん、ここ数年いろいろ出していて
いまどっぷりハマっている作家です
入口は「検事ものシリーズ」(宝島社このミス)でしたが
最近では「蟻の菜園」などもよかったです

この作品も、二段、三段構えの作りで
ぐいぐい引き込まれました

  • 投稿者: チョロ
  • 2015/06/24(水) 15:49:59
  • [編集]

初読みだったのですけれど、惹きこまれましたねぇ。
ほかの作品も読んでみたいと思います。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2015/06/24(水) 16:38:26
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する