季節はうつる、メリーゴーランドのように*岡崎琢磨

  • 2015/09/04(金) 19:49:31

季節はうつる、メリーゴーランドのように
岡崎 琢磨
KADOKAWA/角川書店 (2015-07-25)
売り上げランキング: 74,771

奇妙な出来事に説明をつける、つまり、「キセツ」。夏樹と冬子は高校時代、「キセツ」を同じ趣味とする、唯一無二の存在だった。しかしそれは、夏樹の秘めた恋心の上に成り立つ、微妙な関係でもあった。天真爛漫で、ロマンチストで、頭は切れるのにちょっと鈍感な冬子。彼女への想いを封印したまま大人になった夏樹は、久々に冬子と再会する。冬の神戸。バレンタインのツリーを避けて記念写真に収まるカップルを見て、冬子は言った。「キセツ、しないとね」謎を乗せて、季節はめぐる。はじけるような日常の謎、決して解けない恋愛の謎。夏樹の想いの行方は…。「珈琲店タレーランの事件簿」の著者が描く、究極の片想いミステリ。


 第一話 冬 記念写真小考
 第二話 春 菜の花、コスモス、月見草
 第三話 夏 夏の産声
 第四話 秋 夢の国にてきみは怯える
 最終話 冬 季節はうつる、メリーゴーランドのように

夏樹と冬子の交わらない恋物語を軸に、身の回りの、あるいは出先で出会った謎を解き明かす物語である。恋物語も巧みに謎の一部に織り込まれているのでなおさら興味を惹かれる仕組みである。ただ、この二人の恋の経過には納得しきれない部分もあって、すっきり腑に落ちるというわけではないのだが。結局は誰もしあわせにはならなかった気がしてなんだか残念。ことに亜季さんは、「キセツ」には必要な人であっても可哀想である。個人的にはラストでみんながしあわせになってくれたらもっと愉しめた一冊かもしれない。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する