朝が来る*辻村深月

  • 2015/09/30(水) 16:40:01

朝が来る
朝が来る
posted with amazlet at 15.09.30
辻村 深月
文藝春秋
売り上げランキング: 6,145

「子どもを、返してほしいんです」親子三人で穏やかに暮らす栗原家に、ある朝かかってきた一本の電話。電話口の女が口にした「片倉ひかり」は、だが、確かに息子の産みの母の名だった…。子を産めなかった者、子を手放さなければならなかった者、両者の葛藤と人生を丹念に描いた、感動長篇。


栗原夫妻の物語から始まる。結婚し、子を望んでも叶わず、辛い不妊治療を途中で断念し、子どもがいない人生を考え始めたところに、特別養子縁組という制度を知り、産んだが育てることが叶わない母から生後間もない赤ん坊を引き取って実子として育てることを選ぶ。子どもやその親とのちょっとしたトラブルも含め、しあわせに暮らしている栗原家にあるときからかかるようになった無言電話。その先にいたのは、息子・朝斗の生みの親・片倉ひかりだった。その先は、ひかりが子を産み、養子に出し、その後どんな風に生きてきたかが描かれる。ひかりが出産したのは中学生のときであり、栗原家に電話をしたのは二十歳のときなのだが、その六年は、読むのが辛くなるものである。とは言え、あまりにも無知で無防備で後先を考えない行動の結果であることを考えると、同情するばかりでもいられない。結局は行いは自分に返って来るのだろうとも思う。ラストの栗原家の対応は大人すぎる気がしなくもないが、それで朝斗もひかりも救われたに違いない。やるせなさもどかしさとともに、人のあたたかさが胸を打つ一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する