陽気なギャングは三つ数えろ*伊坂幸太郎

  • 2016/01/29(金) 07:43:01

陽気なギャングは三つ数えろ (ノン・ノベル)
伊坂幸太郎
祥伝社
売り上げランキング: 2,662

絶体絶命のカウントダウン!
史上最強の天才強盗4人組に強敵あらわる!
嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女――
180万部シリーズ待望の最新作!

陽気なギャング一味の天才スリ久遠は、消えたアイドル宝島沙耶を追う火尻を、暴漢から救う。だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。正体に気づかれたギャングたちの身辺で、当たり屋、痴漢冤罪などのトラブルが頻発。蛇蝎のごとき強敵の不気味な連続攻撃で、人間嘘発見器成瀬ら面々は断崖に追いつめられた! 必死に火尻の急所を探る四人組に、やがて絶体絶命のカウントダウンが! 人気シリーズ、九年ぶりの最新作!


陽気なギャングシリーズの最新作である。このシリーズを読むと、ついギャングを応援したくなってしまうのが難なのだが、今回も見事にやってのけてくれた。そこまではよかったのだが、久遠が負わされた怪我によって、ハイエナのような週刊誌の記者に疑われることになり、以後、身辺で不穏なことが立て続けに起きるようになる。自分たちの身を守ることと、ハイエナ記者に恨みを持つ者たちに肩入れすること、両方を叶えることはできるのか。記者が厭な奴なのでなおさらギャングたちを応援したい気持ちが募るのである。彼らのキャラクタと掛け合いも相変わらず絶妙で、真面目であるほど笑えるのもいつも通りでうれしくなる。もうギャングはやめてしまうのだろうかという一抹の不安も抱えつつ、それ以外の活躍だけでもいいから、ずっと長く続けてほしいと思うシリーズである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する