恭一郎と七人の叔母*小路幸也

  • 2016/04/21(木) 17:18:44

恭一郎と七人の叔母 (文芸書)
小路 幸也
徳間書店
売り上げランキング: 37,553

主人公・恭一郎には、七人の叔母がいる。
昭和を舞台に、時代に流されず、したたかに生きる八人姉妹。
彼女たちとその周囲で起きる様々な日常を、『東京バンドワゴン』シリーズなどで人気の著者が描き上げる。


更屋恭一郎の母と、その妹である七人の叔母たちの物語である。それぞれに個性的なおばたちを描くことで、更屋家の事情や、時代背景までもが浮かび上がってくるようである。彼女たちの恭一郎との関わりようが現在の彼を形作っているとも思われて、叔母たちを語りながら、恭一郎が自分自身を語っているような気もしてくる。物語は、恭一郎が誰か女性に語っているという趣向で、彼女が誰なのかは最後に明かされるのだが、なるほど、という感じである。叔母たちも恭一郎も、これからもずっと新しい物語を紡ぎ出していきそうだと思われる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する