天使の棲む部屋 問題物件*大倉崇裕

  • 2016/04/26(火) 18:33:30

天使の棲む部屋 問題物件
大倉 崇裕
光文社
売り上げランキング: 107,164

大島不動産販売・販売特別室の若宮恵美子は、桁外れの「問題物件」のクレーム処理に悪戦苦闘、危機一髪のところを何度も犬頭光太郎という奇天烈な男に助けられている。文字通り人間離れした力を持つ犬頭は、前社長の遺児・大島雅弘が大事にしているぬいぐるみ・犬太の化身なのか…?そんな恵美子に新たに押しつけられたのは、アメリカのアリゾナ州の外れに建つ洋館だった。「天使の棲む部屋」と呼ばれる一室では、犯罪者ばかりが何人も拳銃自殺を遂げており、死者は50人とも100人とも言われているというのだが―。規格外の名探偵(!?)犬頭光太郎ふたたび!!喧嘩上等、ルール無用。ワケアリ物件など恐るるに足らず。なんでもありの破壊的ミステリー!


犬頭光太郎(&若宮恵美子コンビ)ふたたび、である。寝たきりの雅弘の病状も相変わらずであり、前作にも増して、ひど過ぎる物件対応ばかり押しつけられる恵美子である。なんとかなるとは到底思えない問題に立ち向かおうとするとき、どこからともなく現れて、少々手荒なやり方で解決へと導く犬頭光太郎も相変わらず無茶苦茶である。だが、結局は解決できてしまうのだし、雅弘を想う気持ちは人一倍強いので、絶対的に憎めないのである。ここはもうどんなに無茶苦茶でもいいのである。読み終わったばかりで、もう次の問題物件を速く見たいと思わされるシリーズである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する