暗幕のゲルニカ*原田マハ

  • 2016/06/21(火) 17:08:14

暗幕のゲルニカ
暗幕のゲルニカ
posted with amazlet at 16.06.21
原田 マハ
新潮社
売り上げランキング: 777

一枚の絵が、戦争を止める。私は信じる、絵画の力を。手に汗握るアートサスペンス! 反戦のシンボルにして2 0世紀を代表する絵画、ピカソの〈ゲルニカ〉。国連本部のロビーに飾られていたこの名画のタペストリーが、2003年のある日、突然姿を消した―― 誰が〈ゲルニカ〉を隠したのか? ベストセラー『楽園のカンヴァス』から4年。現代のニューヨーク、スペインと大戦前のパリが交錯する、知的スリルにあふれた長編小説。


過去と現代を行きつ戻りつしながら、ただ「ゲルニカ」をめぐって語られる物語である。ピカソのアトリエの様子、パリの朝の空気、忍び寄る戦争の足音、ピカソとその作品のために身をなげうって尽くす人たちの熱。そして、それらの想いを、はるか時を隔てた現代で、10歳のときに胸に刻み、それを期にピカソの研究家になり、MoMAのキュレーターとなった瑶子。たったひとつの作品に関わる熱く切実な想いが、物語中に満ち満ちている。ドキュメンタリーを見ているように、そのときどきの空気感まで伝わってくるようで、わくわくどきどきはらはらさせられ通しである。いまにも飛び立とうとしている鳩のドローイングがいいアクセントになっている。想像を掻き立てられる壮大な一冊だった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する