向田理髪店*奥田英朗

  • 2016/07/16(土) 19:08:29

向田理髪店
向田理髪店
posted with amazlet at 16.07.16
奥田 英朗
光文社
売り上げランキング: 20,031

次々起こるから騒ぎ。過疎の町は、一歩入れば案外にぎやか。

北海道の寂れてしまった炭鉱町。
息子の将来のこと。年老いた親のこと──。
通りにひと気はないけれど、中ではみんな、侃々諤々。
心配性の理髪店主人の住む北の町で起こる出来事は、他人事ではありません。
可笑しくて身にしみて心がほぐれる物語。


向田理髪店、というタイトルではあるが、理髪店の物語というわけでもない。過疎の町の、決まりきった客しか来ない寂れた理髪店は、散髪の客だけではなく、茶飲み話のために立ち寄る人も多く、自然と情報交換の場じみた雰囲気になっている。通りに人も車も通らず、町自体に人が少ない苫沢町だが、存外あちこちで小さな事件が勃発しているのである。親の介護の問題やら、外に出ていっている子どもたちのことやら、町興しに関する意見の違いやら、さまざまあるものである。そして、そんな日常のことだけでなく、極まれには、映画のロケがやってきたり、東京へ出ていったご近所の息子が犯罪を犯してしまったりもするのである。プライバシーなどなく、新しい風も吹きこまず、変わり映えのしない日々を過ごしているかのような苫沢町だが、なんだかんだ言いながらも、みんなが助け合い思いやり合っている様子にほっとさせられる。若い世代が新しい風を吹き込んでくれる日もそう遠くないと思わされる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する