ツバキ文具店*小川糸

  • 2016/09/12(月) 16:34:49

ツバキ文具店
ツバキ文具店
posted with amazlet at 16.09.12
小川 糸
幻冬舎 (2016-04-21)
売り上げランキング: 2,551

言いたかった ありがとう。言えなかった ごめんなさい。
伝えられなかった大切な人ヘの想い。あなたに代わって、お届けします。

家族、親友、恋人⋯⋯。
大切に想ってっているからこそ、伝わらない、伝えられなかった想いがある。
鎌倉の山のふもとにある、
小さな古い文房具屋さん「ツバキ文具店」。
店先では、主人の鳩子が、手紙の代書を請け負います。
和食屋のお品書きから、祝儀袋の名前書き、
離婚の報告、絶縁状、借金のお断りの手紙まで。
文字に関すること、なんでも承り〼。


事情があって母親を知らず、ツバキ文具店の先代でもある厳しい祖母に育てられた鳩子(ポッポちゃん)は、ある時、鬱積していた思いをぶつけるように祖母に反抗し、家を飛び出して海外を放浪するようになる。そして祖母の最期も看取らないままだったのだが、ひょんなことから鎌倉に帰り、ツバキ文具店を再開することになる。文房具屋はもちろん、代筆行を請け負っていくうちに、反発していた先代の教えが自分の隅々まで沁みこんでいることにいまさらながら気づき、後悔を深くする鳩子でもある。ご近所さんや、お客さんなど、知り合った人たちとのご縁が、鳩子の暮らしを少しずつ豊かにしていく様は、見ていてほっとさせられる。先代であるおばあちゃんも、きっとどこかで見守っていてくれることと思う。鳩子が代筆した手紙が、そのまま手書き文字で載っているのも、その折々に込められた思いが伝わるようで、しみじみとさせられる。失くしてしまったものは二度と取り戻せないけれど、新しく手に入れられるものもたくさんあるのだと、望みを抱かせてくれる一冊でもある。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する