裁く眼*我孫子武丸

  • 2016/11/01(火) 20:52:01

裁く眼
裁く眼
posted with amazlet at 16.11.01
我孫子 武丸
文藝春秋
売り上げランキング: 69,974

漫画家になり損ね、浅草の路上で似顔絵を描いて生計を立てている袴田鉄雄。あるとき、彼の腕前を見込んだテレビ局の人間から、「法廷画」を描いてほしいという依頼が舞い込む。注文通り描いた絵が、テレビで放送された直後―鉄雄は頭を殴られて昏倒する。彼は一体、何を描いてしまったのか?


浅草でときどき似顔絵を描いている袴田鉄雄が主人公。ある日カップルの女性の似顔絵を書いたところ、男性からひどく怒られて、早々に引き上げるという出来事があった。その後、法廷画家たちが集団食中毒になり、ピンチヒッターとして法廷画を描くことになった鉄雄だったが、帰宅したところをコンクリートブロックで殴られ、ちょうど帰ってきた姪の蘭花に助けられることになった。それでも、この裁判が終わるまでは、と法廷に通う鉄雄だったが、翌日、同じく代役の法廷画家の女性が殺される。法廷画家を狙った連続殺人なのか、それともまったく別の事件なのか……。鉄雄の書いた法廷画が、裁判にどうかかわってくるのか、知りたくてページを繰る手が止まらなくなる。そしてその謎が明らかにされたとき、そこに目をつけたか、という驚きもある。鉄雄には、知らず知らずのうちに人間の本質を見通してしまうような力があるのだろうか。だとすると、まさに法廷画家はうってつけの職業かもしれない。何かほかにも役立てられそうな能力である。鉄雄と蘭花のコンビをもっと見たいと思わされる一冊でもある。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する