静かな炎天*若竹七海

  • 2016/11/03(木) 20:14:04

静かな炎天 (文春文庫)
若竹 七海
文藝春秋 (2016-08-04)
売り上げランキング: 19,608

ひき逃げで息子に重傷を負わせた男の素行調査。疎遠になっている従妹の消息。依頼が順調に解決する真夏の日。晶はある疑問を抱く(「静かな炎天」)。イブのイベントの目玉である初版サイン本を入手するため、翻弄される晶の過酷な一日(「聖夜プラス1」)。タフで不運な女探偵・葉村晶の魅力満載の短編集。


表題作のほか、「青い影」 「熱海ブライトン・ロック」 「副島さんは言っている」 「血の凶作」 「聖夜+1」 富山店長のミステリ紹介ふたたび

葉村晶シリーズ最新作である。二十代で出会った葉村晶だが、何と今回は四十肩を患う四十代である。仙川に住み、吉祥寺のミステリ専門書店に勤める傍ら、正式に探偵もやっている。そして相変わらず不運である。タイミングが良いのか悪いのかよくわからないが、厄介ごとに出くわす機会も多い。だがそれが事件解決につながることも多々あるので、探偵的にはグッドタイミングなのかもしれない。それで疲れ切ってしまうのも事実なのであるが。今回も、ふらふらになりながらお使いに、事件の調査にと歩き回り、躰を張って謎を解き明かしている。四十代になったと思うと、少しのんびりさせてあげたいような気もするが、これこそが葉村晶なのだろうなぁ。おばあちゃんになるまで探偵家業を続ける葉村晶を見ていたいシリーズである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する