左目に映る星*奥田亜希子

  • 2017/03/01(水) 16:55:03

左目に映る星
左目に映る星
posted with amazlet at 17.03.01
奥田 亜希子
集英社
売り上げランキング: 502,673

小学5年生の時に出会った奇跡のような存在の少年・吉住を忘れられないまま大人になり、他者に恋愛感情を持てなくなった26歳の早季子。恋愛未経験で童貞、超がつくほどのオタクで、人生をアイドル・リリコに捧げる宮内。どうしようもない星たちを繋げるのは、片目を閉じる癖、お互いが抱える虚像。第37回すばる文学賞受賞作。


幼いころに、右目を瞑ると世界ががらっと変わる――左目が乱視と近視だった故――ことに気づいた早季子。それ以来、嫌なことがあると右目を瞑るようになった。小学五年のときに同じクラスになった住吉も、ときどき右目を瞑っているのを見て、どうしようもなく惹かれる。それ以来、住吉は早季子の人生になくてはならない存在になるのである。ある日、早季子にとっての住吉を失ってからは、恋愛もできず、孤独な寂しさを抱え続けているのだった。そんなときに右目を瞑る癖のある宮内のことを聞き、無性に彼に会いたくなる。宮内は、折り紙付きのアイドルオタクで、なにからなにまで早季子とは価値観が違っているのだが、なぜか離れがたくなっていく。ずっと持て余していた自分という存在を愛おしんでもいいんだよ、と言ってあげたくなる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する