合理的にあり得ない 上水流涼子の解明*柚月裕子

  • 2017/04/14(金) 16:32:06

合理的にあり得ない 上水流涼子の解明
柚月 裕子
講談社
売り上げランキング: 31,451

「殺し」と「傷害」以外、引き受けます。
美貌の元弁護士が、あり得ない依頼に知略をめぐらす鮮烈ミステリー!

不祥事で弁護士資格を剥奪された上水流涼子は、
IQ140 の貴山をアシスタントに、探偵エージェンシーを運営。
「未来が見える」という人物に経営判断を委ねる二代目社長、
賭け将棋で必勝を期すヤクザ……。
明晰な頭脳と美貌を武器に、怪人物がらみの
「あり得ない」依頼を解決に導くのだが――。


表題作のほか、「確率的にあり得ない」 「戦術的にあり得ない」 「心情的にあり得ない」 「心理的にあり得ない」

未来を予知するという人物に頼り切る社長、怪しげな新興宗教の教祖のような人物に大金を貢ぐ女、将棋の勝負にこだわるやくざ、孫娘を探している上水流涼子の宿敵の男、野球賭博で人生を棒に振る男。さまざまな怪しい人物がらみの事案が持ち込まれる、探偵事務所「上水流(かみづる)エージェンシー」を運営するのは、元弁護士の上水流涼子、そしてIQ140のアシスタント兼雑用係の貴山である。貴山の多岐にわたる知識の引き出しのあちこちを開けて、厄介な事案を解決する過程ももちろん愉しめるのだが、その合間の涼子と貴山の掛け合いが、コントのようでちょうどいい間になっている。このコンビ、もっと見たいと思わされる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する