サロメ*原田マハ

  • 2017/04/19(水) 16:28:56

サロメ
サロメ
posted with amazlet at 17.04.19
原田 マハ
文藝春秋
売り上げランキング: 12,994

現代のロンドン。日本からビクトリア・アルバート美術館に派遣されている客員学芸員の甲斐祐也は、ロンドン大学のジェーン・マクノイアから、未発表版「サロメ」についての相談を受ける。
このオスカー・ワイルドの戯曲は、そのセンセーショナルな内容もさることながら、ある一人の画家を世に送り出したことでも有名だ。
彼の名は、オーブリー・ビアズリー。
保険会社の職員だったオーブリー・ビアズリーは、1890年、18歳のときに本格的に絵を描き始め、オスカー・ワイルドに見出されて「サロメ」の挿絵で一躍有名になった後、肺結核のため25歳で早逝した。
当初はフランス語で出版された「サロメ」の、英語訳出版の裏には、彼の姉で女優のメイベル、男色家としても知られたワイルドとその恋人のアルフレッド・ダグラスの、四つどもえの愛憎関係があった……。
退廃とデカダンスに彩られた、時代の寵児と夭折の天才画家、美術史の驚くべき謎に迫る傑作長篇。


現代の研究者と学芸員のやりとりから、ぐぐっと時代を遡ってオスカー・ワイルドとオーブリー・ビアズリーの時代の生々しい出来事に惹きこまれるように入っていく手法からして見事である。主に語るのは、オーブリーの姉のメイベルであり、自らも渦中に巻き込まれながら、オスカーとオーブリーののっぴきならない関係と、そうならずにはいられなかった魂の出会いが語られていて、まるで自分もそこにいるかのように高揚した心持ちにさせられる。読後もしばらくはこちらの世界に帰って来られないような印象の一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する