朽ちないサクラ*柚月裕子

  • 2017/09/13(水) 16:29:59

朽ちないサクラ
朽ちないサクラ
posted with amazlet at 17.09.13
柚月 裕子
徳間書店
売り上げランキング: 54,812

米崎県警平井中央署生活安全課が被害届の受理を引き延ばし、慰安旅行に出かけた末に、ストーカー殺人を未然に防げなかったと、新聞にスクープされた。県警広報広聴課で働いて4年、森口泉は、嫌な予感が頭から離れない。親友の新聞記者、千佳が漏らしたのか? 「お願い、信じて」そして、千佳は殺された――。県警広報課事務の私に、何ができる? 大藪春彦賞作家、異色の警察小説。


主人公の泉が、警察の広報課に務める事務員であるというのが珍しい設定である。新聞社の記者である親友を疑ってしまい、その後彼女が殺されたことから、その裏にあることを探り始めるのである。同期の刑事・磯川の協力があるとはいえ、なかなかできることではないだろう。調べていくうちに、カルト教団の存在が浮かび上がり、それで幕引きになるのかと思いきや、事件には更なる裏の存在があったのである。まあ想像には難くない展開ではあるが、一広報課員にここまでされて、報復が心配になってしまうのはわたしだけだろうか。思わず泉の身が心配になってしまう一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する