FC2ブログ

盤上の向日葵*柚月裕子

  • 2018/01/30(火) 16:47:39

盤上の向日葵
盤上の向日葵
posted with amazlet at 18.01.30
中央公論新社 (2017-11-07)
売り上げランキング: 878

実業界の寵児で天才棋士。
本当にお前が殺人犯なのか!?

埼玉県天木山山中で発見された白骨死体。遺留品である初代菊水月作の名駒を頼りに、叩き上げの刑事・石破と、かつてプロ棋士を志していた新米刑事・佐野のコンビが調査を開始した。それから四ヶ月、二人は厳冬の山形県天童市に降り立つ。向かう先は、将棋界のみならず、日本中から注目を浴びる竜昇戦会場だ。世紀の対局の先に待っていた、壮絶な結末とは――!?

日本推理作家協会賞作家が描く、渾身の将棋ミステリー!


天木山の中で見つかった将棋の駒を胸に抱いた白骨死体の犯人の捜査に当たる、佐野と石破の章と、奨励会を経ずに、東大を卒業して実業家として名を馳せた後にプロ棋士となり、世間の注目を集めている上条圭介の生い立ちから現在までを追う章とが交互に描かれている。ひと癖もふた癖もある石破と、新米刑事の佐野との関係の推移も興味深く、圭介の恵まれない生い立ちとその後の立身出世の様子、将棋との関わり合い方なども、とても興味深いものである。それ故に、なぜ?と思ってしまうのである。最後の最後でやっと現在の捜査と過去からいままでの恵介の軌跡が合流するのだが、刑事たちは真相にはたどり着いたわけではないのである。この先どうなるのか、気になって仕方がないところで物語は幕を下ろす。読み応え充分で、しかも、先が気になる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する