FC2ブログ

クラウド・コレクター[手帖版]*クラフト・エヴィング商會

  • 2005/03/06(日) 13:46:50

☆☆☆・・


雲をつかむような話   吉田浩美と吉田篤弘の手による

 クラフト・エヴィング商會の先代である祖父が愛用していた
 古い皮トランク。その底から古ぼけた手帳が出てきた。
 そこには、不思議な国アゾットに関する、驚くべき旅行記が記されていた。
 読み進むうちに、孫に当たる三代目は、奇妙な物の数々に出会うことになる。
 得体の知れない機械、判読不能の書物やポスター、
 奇妙な譜面や小箱、そして酒の空壜らしきもの。
 壮大なスケールの冒険ファンタジー。
 1995年単行本版に加筆し、イラスト満載の<手帖版>。

                       (文庫裏表紙より)


望永遠鏡のなかに見える背中を追いかけて始まった旅の日記である。
さまざまな符牒あり、さまざまな暗示あり、そしてそれぞれにさまざまな解釈がされてゆく。
解き明かされてゆくたびに、はっきりし、なおかつ形を失うかのような謎たちなのだが、いつもいつでも人はこれらの謎を解くことを求めずにはいられないのだろう。

最も近くて最も遠く、果てしなく遠いが隣り合わせにある何かに 人はいつかたどり着くことができるのだろうか。



V
V

TB
今日何読んだ?どうだった??

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「クラウド・コレクター」 クラフト・エヴィング商会

クラウド・コレクターposted with 簡単リンクくん at 2006. 6.10クラフト・エヴィング商会著筑摩書房 (1998.11)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

  • From: 今日何読んだ?どうだった?? |
  • 2006/06/25(日) 14:30:04

この記事に対するコメント

クラフト・エヴィング商會さんの名前は実はふらっとさんのブログで初めて知ったんです。それで興味を持って読み始めたんですが,この独特の世界観にハマってしまってます。ゆっくりじっくり作品に当たっていきたいと思ってます。

  • 投稿者: まみみっくす
  • 2006/06/25(日) 14:31:46
  • [編集]

わたしもは「つながる読書空間」で初めて知って読むようになりました。
そういうふうに繋がって広がっていくのは嬉しいですね。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2006/06/25(日) 18:15:34
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する