FC2ブログ

琴乃木山荘の不思議事件簿*大倉崇裕

  • 2018/08/01(水) 18:26:26

琴乃木山荘の不思議事件簿
大倉 崇裕
山と渓谷社 (2018-06-16)
売り上げランキング: 147,628

棚木絵里は、標高2200mにある山小屋「琴乃木山荘」で働くアルバイト。山荘の目の前には標高2750mの竜頭岳が聳える。生真面目で繊細なオーナーの琴乃木正美。年齢不詳・正体不明なベテランアルバイトの石飛匠。絵里は彼らと、山で起こる「不思議なできごと」の真相に挑む。「この小屋、出るでしょう?幽霊」アルバイトの斎藤まゆみは、テント場の先の林の中で人魂を見かけ、さらに男の登山者の幽霊に取り憑かれていると言う。人魂、そして幽霊は本物なのか。絵里はその正体を見破れるか―。(第一話「彷徨う幽霊と消えた登山者」)ほか、わずかな手がかりから真実を導き出す全七話を収録。気鋭のミステリ作家が挑む「山岳×日常の謎」の新機軸!


琴乃木山荘の周りで起こる七つの事件の物語である。山に登る人、山小屋を訪れる人、山小屋で働く人、それぞれに理由があり、下界に置いてきた何かがあるのかもしれない。山の日常は、愉しいが、真剣で、些細なことが命にかかわることもあるのを思い知らされる。山の知識や洞察力で目の前の謎を解き明かしてしまう石飛が、格好いい。そんな彼もまた、下界でのことは多くを語らない。アルバイトで入った絵里もまた、下界に屈託を置いてきたのだが、それさえも解き明かされることになる。この先ももっと見ていたい一冊である。ぜひシリーズ化してほしい。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する