FC2ブログ

ウツボカズラの甘い息*柚月裕子

  • 2018/11/03(土) 12:55:29

ウツボカズラの甘い息
柚月 裕子
幻冬舎
売り上げランキング: 172,140

容疑者は、ごく平凡な主婦――のはずだった。
殺人と巨額詐欺。交錯する二つの事件は人の狂気を炙り出す。戦慄の犯罪小説。

大藪春彦賞作家が描く、戦慄の犯罪小説!!
家事と育児に追われ、かつての美貌を失った高村文絵。彼女はある日、趣味の懸賞でデイナーショーのチケットを手にした。参加した会場で、サングラスをかけた見覚えのない美女に声をかけられる。女は『加奈子』と名乗り、文絵と同じ中学で同級生だというのだ。そして、文絵に恩返しがしたいとある話を持ちかけるが――。一方、鎌倉に建つ豪邸で、殺人事件が発生。被害者男性は、頭部を強打され凄惨な姿で発見された。神奈川県警捜査一課の刑事・秦圭介は鎌倉署の美人刑事・中川菜月と捜査にあたっていた。聞き込みで、サングラスをかけた女が現場を頻繁に出入りしていたという情報が入る……。日常生活の危うさ、人間の心の脆さを圧倒的なリアリティーで描く、ミステリー長篇。


中学時代は美少女で、友人たちの憧れの的だった文絵だが、ストレスがあるたびに激太りし、ハリのない日々を送っていた。そんなある日、懸賞で当たったディナーショーで偶然出会ったかつての同級生、加奈子の頼みで、高級化粧品の販売に手を染めることになる。やりがいを見つけ、美しさを取り戻し、収入も得て、充実した日々を送っていたはずだったのだが……。ある日をきっかけに、それまで積み重ねてきた事々がガラガラと崩れ始め、殺人事件の容疑者になってしまう。警察が捜査すればするほど、思ってもいなかった事実が次々にあぶりだされ、驚かされる。事件は解決するが、文絵がどうなってしまうのか、いささか気になるところである。一気に読まされる一冊だった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する