FC2ブログ

グローイング・ダウン:清水義範

  • 2005/03/21(月) 14:07:33

☆☆☆・・


 明日が今日で、今日が昨日で・・・・・。
 未来がどんどん遠ざかり、今という今が次々と過去へと進む。
 読者よ、諸君はいま、清水義範のステキな短編を読んでいる。
 だが時が経つと、諸君はその短編を知る以前の諸君となり、
 それどころか清水義範を知る以前の諸君となるのだ。
 いざ覚悟して読みたまえ。

                     (文庫裏表紙)

表題作を含む9つの短編集。
どの物語も 意表をつく設定でありながら、どこかほのぼのとした雰囲気をかもし出している。
たとえば、生まれる前の記憶の中に存在するかもしれない、というようないつかどこかで見覚えのある出来事であるような。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する