FC2ブログ

銀の鍵*角田光代

  • 2005/03/29(火) 14:23:14

☆☆☆・・


 絵 100%ORANGE

 この一冊は、アキ・カウリスマキ監督の
 「過去のない男」の感想文です。
   (あとがきより)

「過去のない男」という映画のなかでは、数人の悪意によって記憶を失った男が、人々の善意に運ばれるようにして日々を過ごしているのだとか。

銀の鍵の主人公は女の人だが、やはり名前も年齢も職業も住まいも、何もかもの記憶をもたない状態でいきなり読者の前に現れる。
「どうしたんだろう」「いったい誰なんだろう」という不安とともに読者は彼女とともに物語りの中を歩く。
それこそ、なんの見返りもないのに彼女をあたたかく迎え入れてくれる善意の人々に運ばれるようにして。
記憶がたとえすべて消えてなくなったとしても、心の奥から涌き出てくる感情は忘れようがないものなのだと、ほっとする思いだった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する