FC2ブログ

対岸の彼女*角田光代

  • 2005/04/02(土) 18:05:31

☆☆☆☆・




 第132回 直木賞受賞
 大人になれば、自分で何かを選べるの?
 女の人を区別するのは女の人だ。
 既婚と未婚、働く女と家事をする女、子のいる女といない女。
 立場が違うということは、ときに女同士を決裂させる。

                      (帯より)


幼い頃から人の中で自分の位置を上手く築けなかった女たちの物語かもしれない。
公園でよその子供たちの輪に入っていけない3歳の娘に、自分の姿を重ねて憂鬱になる主婦・小夜子。
おおざっぱとも見えるやり方で持ちかけられた企画に次々と手を出しどれもこれも中途半端にしてしまう女企業家・葵。

現わし方こそ正反対といえるほど違っているが、根底にあるのは≪認められたい≫という気持ちなのではないだろうか。
無理をしないありのままの自分を認めてくれる人と出会いたい、という想い。

しかし、同じような想いを抱えている彼女たちに、初めはお互いのことがまったく理解できないのである。
孤独に悩む人たちには、往々にしてこんなことがあるのかもしれない、と思わされる。
認めて欲しいのに自分を開けないという矛盾にも悩むことになるのだ。

結末はハッピーエンドなのだが、だからといってすべてが解決されるわけではない。
切なさいっぱいのハッピーエンドなのである。

 
V
V

TB
本を読んだら・・・byゆうき
+ChiekoaLibrary+
ぱんどら日記
男を磨く旅
miyukichin’mu*me*mo*

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

対岸の彼女 角田光代

ISBN:4163235108:detail 角田光代さんの本は、どれだかもう忘れたけど、以前に1冊読んでいて、でも私には合わないようだったので敬遠していました。でも、この本が直木賞を取った時に、読んどかなくちゃかなあ~と、思って、図書館予約して・・・来たのが昨日!もう、予約

  • From: ゆうきの読書日記(Yu-Ki’s Reading Diary) |
  • 2005/07/22(金) 11:23:48

対岸の彼女 [角田光代]

対岸の彼女角田 光代 文藝春秋 2004-11-09

  • From: + ChiekoaLibrary + |
  • 2006/04/17(月) 13:56:03

角田光代【対岸の彼女】

読んだら痛そうだな――と思って、ずっと避けてきた本をようやく読んでみた。実際、痛い部分もあったけど、角田光代ってとにかく巧いのよ。読み始めるとやめられない。人間観察の鋭さには脱帽。読後感

  • From: ぱんどら日記 |
  • 2006/10/17(火) 14:02:17

「対岸の彼女」角田光代著、読んでみました。

   「対岸の彼女」角田光代著、読んでみました。  「角田 光代」の作品、3作目です。「空中庭園」で「結構いいなー」と思って「ピンク・バス」でちょっと「・・・?」と言う感じでしたが、今回の「対岸の彼女」は丁度その「中間の面白さ」と言う感じで

  • From: 男を磨く旅 |
  • 2006/12/20(水) 07:45:02

対岸の彼女

**************************************************************** 30代、既婚、子持ちの「勝ち犬」小夜子と 独身、子なしの「負け犬」葵。 性格も生活環境も全く違う二人の女性の友情は成立するのか!? ***********************************************************

  • From: 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ |
  • 2007/07/17(火) 17:55:45

対岸の彼女/角田光代 [Book]

 角田光代:著 『対岸の彼女』 対岸の彼女角田 光代文藝春秋このアイテムの詳細を見る 2004年下半期の直木賞受賞作。 娘あかりに社会性を身につけさせたくて、 保育園に入れようと思いついた35歳主婦の小夜子は、 その“資格”を得るため、仕事を探し始める。 面接で

  • From: miyukichin’mu*me*mo* |
  • 2007/07/29(日) 02:08:17

この記事に対するコメント

ほんとに、このハッピーエンドはまだまだこれから…!のところですからね。むしろ終わりではなく始まり?これからの彼女たちにも、しぶとくがんばっていって欲しいと思います!

  • 投稿者: chiekoa
  • 2006/04/17(月) 13:57:15
  • [編集]

ほんとにもう 負け犬とか勝ち犬とかの話じゃないですよねぇ。
「しぶとく」っていいですね!
ぜひしぶとくがんばっていって欲しいです^^*

  • 投稿者: ふらっと
  • 2006/04/17(月) 18:10:10
  • [編集]

 ふらっとさん、こんばんは♪
 
 せつなさいっぱいでしたね。
 でも、結末はハッピーでとてもよかったです。
 すごく泣けました。。

  • 投稿者: miyukichi
  • 2007/07/29(日) 02:07:14
  • [編集]

人間関係の、もっと言ってしまえば人間というものの一筋縄ではいかなさを目の当たりにさせられるようでした。
いろんなところに自分を重ねて、よりいっそう切なくもなったりして。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/07/29(日) 08:31:15
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する