FC2ブログ

犯人に告ぐ*雫井脩介

  • 2005/04/07(木) 18:15:38

☆☆☆☆・

犯人に告ぐ 犯人に告ぐ
雫井 脩介 (2004/07)
双葉社

この商品の詳細を見る

 「犯人よ、今夜は震えて眠れ」
 連続児童殺人事件――
 姿見えぬ犯人に、警察はテレビ局と手を組んだ。
 史上初の、劇場型捜査が始まる!

 絶賛! 横山秀夫氏
 幹が太く、枝葉の繊細さが心に絡みつく警察小説だ。

 喝采! 福井春敏氏
 メディアという暴力装置と真っ向から取り組み、
 汚濁の中に一縷の希望を見出そうとする。
 この作品で著者は新たなステージに立った。

 一気読み! 伊坂幸太郎氏
 二章まで読み終えた僕は、最高だねこれは、と興奮し、
 つづきが気になるあまり、風呂場でも読んだのでした。

                      (帯より)


6年前の児童誘拐殺人事件で取り逃がし、未だに逮捕できずにいる≪ワシ≫のことを、忸怩たる思いで胸に置きつづけている 巻島が、連続して起きている児童殺人事件の犯人≪バッドマン≫を挙げる捜査の責任者に抜擢される。
警察の思惑やテレビ局の思惑、自分勝手な上司の思惑が絡み合って様々な展開を見せる。
巻島の開き直りとも見える執念と、それを支える少数の腹心たちの思い入れに胸が熱くなる。
津田や本田のサポートなしには事件解決はありえなかっただろう。
遺族会・テレビ局・視聴者、そして、身内である警察内部との軋轢を乗り越えて物語は息をもつかせずに結末へと向かう。

V
V

TB
+ChiekoaLibrary+
AOCHAN-blog
しんちゃんの買い物帳

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

犯人に告ぐ [雫井脩介]

犯人に告ぐ雫井 脩介 双葉社 2004-07神奈川県警で特殊犯係の管理官を務めていた巻島史彦。過去に起こった誘拐事件での失態を追求され、地方に飛ばされていた彼だが、頻発する幼児連続殺人事件の捜査のために再び呼び戻されることに。警察がぶち上げたその解決策とは…。か

  • From: + ChiekoaLibrary + |
  • 2007/03/13(火) 14:46:06

「犯人に告ぐ」雫井脩介

タイトル:犯人に告ぐ 著者  :雫井脩介 出版社 :双葉社 読書期間:2007/07/03 - 2007/07/05 お勧め度:★★★★ [ Amazon | 楽天ブックス ] 犯人よ、今夜は震えて眠れ-。連続児童殺人事件。姿見えぬ犯人に、警察はテレビ局と手を組んだ。史上初の劇場型捜査?...

  • From: AOCHAN-Blog |
  • 2007/09/18(火) 18:40:13

「犯人に告ぐ」雫井脩介

犯人に告ぐ雫井 脩介 (2004/07)双葉社 この商品の詳細を見る 児童誘拐事件が起こり、神奈川県警の警視、巻島文彦は管理官でありながらも現場に出て陣頭指揮をとるが、犯人であるワシと、ニアミスをするものの逃げられ、人質が

  • From: しんちゃんの買い物帳 |
  • 2007/10/26(金) 17:04:41

この記事に対するコメント

そんな帯のコメントがついていたとは…伊坂さん、ナイスですね(笑)。実際に警察がこれを読んでこういう作戦を展開したりしてくれないものだろうか…と思ったりしました。

  • 投稿者: chiekoa
  • 2007/03/13(火) 14:47:57
  • [編集]

警察小説って
警察関係者には読まれているんでしょうか。
読まれているとしたら どう思われているんでしょうね。
ちょっと気になります。笑

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/03/13(火) 17:13:48
  • [編集]

こんにちは。
すごく読み応えがありました。
満腹って感じです。げぷっ。

  • 投稿者: しんちゃん
  • 2007/10/26(金) 17:03:26
  • [編集]

雫井さんの警察小説、いままでになかった角度からも見られて愉しめました。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/10/26(金) 17:13:06
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する