FC2ブログ

間宵の母*歌野晶午

  • 2020/01/28(火) 13:10:22


小学三年生の詩穂と首江子は親友同士だったが、紗江子の母の再婚相手である若い義父と詩穂の母が失踪した。その日から紗江子の母の精神状態は普通ではなくなる。詩穂も父親から暴力を受けるようになり、児童養護施設に入れられてしまう。その後、二人は悪夢のような人生を送ることになるのだが、実は驚くべき真実が隠されていた。著者最恐のホラー・ミステリー。



最初から最後まで、ひとつも救いのない物語である。どこまで引き返してやりなおしたとしても、ストーリーはまったく好転しそうもない。にもかかわらず、先を読まずにはいられない気持ちにさせられるのは、語りの力ゆえだろうか。それとも、なにがしかの光を見出そうと希求するが故だろうか。どんよりと重い読後感の一冊であることは間違いない。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する