fc2ブログ

純喫茶パオーン*椰月美智子

  • 2020/10/03(土) 18:19:22


創業50年(おおよそ)の喫茶店「純喫茶パオーン」。トレイを持つ手がいつも小刻みに震えているのに、グラスにたっぷり、表面張力ギリギリで運ぶ「おじいちゃんの特製ミルクセーキ」と、どんなにお腹がいっぱいでも食べたくなっちゃう「おばあちゃんの魔法のナポリタン」が看板メニューだ。その店主の孫である「ぼく」が小学5年・中学1年・大学1年の頃にそれぞれ出会う不思議な事件と、人生のちょっとした真実。


純喫茶パオーンの孫・来人が語る、パオーンのオーナーである祖父母と、そこに集まる人たちと、来人とその友人たちの日々の物語である。来人の成長とともに、さまざまな出来事があり、周りの人たちとの関係も少しずつ変わっていったりして、時々に悩ましくもある。それとともに、祖父母も歳を取り、純喫茶パオーンの行く末も気になってきたりもする。そんな日常に、ちょっとした謎が現れたりもして、ミステリ風味でもある。時には胸をチクリと刺されながらも、ほのぼのと愉しめる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する