FC2ブログ

しゃべれども しゃべれども*佐藤多佳子

  • 2005/04/22(金) 20:31:28

☆☆☆☆・


語り手は、若手落語家・今昔亭三つ葉(26歳)。
まだ二つ目で、自分も修行中の身であるのだが、ひょんなことから言葉で躓いている4人に落語を教えることになる。
従兄弟でテニスコーチの良、失恋を引き摺っている美女 十河、クラスで虐めに合っている村林、現役を退き解説者となるも回りの目が気になって当り障りのないことしかいえない湯河原が、その4人である。

頑ななまでの各人の心模様とその移り変わり、三つ葉の気持ちの変化する様子に 知らず知らず惹きこまれ寄り添ってしまう。
不器用な人たちの集まりなのだが じんわりとやさしくあたたかい。
世の中捨てたもんじゃない、と思わせてくれる一冊である。

V
V

TB
今日何読んだ?どうだった??
本を読む女。改訂版
肩の力を抜いて

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「しゃべれども しゃべれども」 佐藤多佳子

しゃべれどもしゃべれどもposted with 簡単リンクくん at 2005. 5.31佐藤 多佳子新潮社 (2000.6)通常2~3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

  • From: 今日何読んだ?どうだった?? |
  • 2006/09/05(火) 20:14:38

「しゃべれどもしゃべれども」佐藤多佳子

しゃべれどもしゃべれども発売元: 新潮社価格: ¥ 620発売日: 2000/05売上ランキング: 12622おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/11/24いやあ、なんつうかね、穴があったら入りたいですよ。この本を数ヶ月も本棚で熟成させてたなんて。ずっと「今月読む本」に堂々

  • From: 本を読む女。改訂版 |
  • 2006/12/17(日) 01:31:16

・「しゃべれどもしゃべれども」佐藤多佳子

「一瞬の風になれ」で第28回吉川英治文学新人賞、第4回本屋大賞をとった佐藤多佳子の昔の作品。驚くべきは「しゃべれどもしゃべれども」も第19回(1998年)の吉川英治新人賞の候補作品だったこと。なぜか9年たっても同じ新人賞。そしてさらに驚くべきは同回の候...

  • From: 肩の力を抜いて |
  • 2009/10/16(金) 13:07:45

この記事に対するコメント

佐藤さんのこの作品、もう本当に大好きです。何回読んでもいいです。うまいですよね。
最新作出てますんでそちらもぜひ!とてもいい青春小説です!

  • 投稿者: まみみっくす
  • 2006/09/05(火) 20:15:20
  • [編集]

『一瞬の風になれ』
図書館にリクエスト出してあります。
まだ入ってこないようなのでいつになるかわからないけれど楽しみです。

佐藤多佳子さん、
わたしは『黄色い目の魚』からでした。
それですっかりとりこになりました。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2006/09/05(火) 20:44:18
  • [編集]

TBさせていただきました

★ こんにちわ

いくつかTBさせていただきました。よく読まれていますね。今後読む本の参考にさせていただきます。
佐藤多佳子のなかでも「しゃべれどもしゃべれども」、「黄色い目の魚」は特にいいですね。

  • 投稿者: やまけん(肩の力を抜いて)
  • 2009/10/16(金) 13:11:42
  • [編集]

やまけんさん、TBありがとうございます。

上のコメントにも書いたように、『黄色い目の魚』が、わたしの佐藤多佳子デビューでした。
あっという間に虜になりました。

これからもどうぞよろしくお願いします。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2009/10/16(金) 13:39:23
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する