FC2ブログ

告白*町田康

  • 2005/04/25(月) 20:36:16

☆☆☆・・



 人はなぜ人を殺すのか
 河内音頭のスタンダードナンバー<河内十人斬り>をモチーフに、
 町田康が永遠のテーマに迫る渾身の長編小説!

                        (帯より)


676ページの大作である。
評判もずいぶんいいらしい。
でも、わたしはあまりのめり込めなかった。

主人公である熊太郎は極度に思弁的なその性癖ゆえに、子どもの頃から 心の奥で考えていることをそのまま言い表す言葉を持たずに育つ。よって、周囲の評価と自らの胸の裡とのギャップに悩み、それによって更に、物事を不必要に歪めて先読みするようになり、かえって何事も上手く行かぬようになる。

熊太郎の思弁性は 極端なものかもしれないが、多かれ少なかれ誰にでもある要素ではないだろうか、と思うとき、全面的に熊太郎に肩入れする気持ちにはなれないのである。ある場面では共感し同情的にもなるのだが。


V
V

TB
+ChiekoaLibrary+
本を読んだら・・・byゆうき
ぱんどら日記



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「告白」町田康

告白posted with 簡単リンクくん at 2005. 8.12町田/康??著中央公論新社 (2005.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見るこの本は河内十人斬りをテーマにしてるらしいんやけども、河内十人斬り?なんやそれ、知らんがな。私大阪出身やけどもな

  • From: 本を読む女。改訂版 |
  • 2005/08/12(金) 20:01:44

「告白」町田康

「告白」町田康(2005)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、近代、明治、小説、河内十人斬り、河内音頭 町田康に最初に出会った小説がこれだったら、過日あまり評価できなった同氏の短編集「浄土」 [http://blogs.yahoo.co.jp/snowkids1965/14257991.html] の印象はもっと違ったものに

  • From: 図書館で本を借りよう!~小説・物語~ |
  • 2005/11/13(日) 17:41:03

「告白」町田康

タイトル:告白著者  :町田康出版社 :中央公論新社読書期間:2005/11/29 - 2005/12/07お勧め度:★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]人はなぜ人を殺すのか--河内音頭のスタンダードナンバーで実際に起きた大量殺人事件をモチーフに、永遠のテーマに迫る渾身の長

  • From: AOCHAN-Blog |
  • 2005/12/23(金) 12:47:33

町田康【告白】

すごく面白いんです。だけど好き嫌いは分かれるだろうな。というか、この小説を思いっきりの笑顔で「だ~いすき♪」と言える人は、かなり少ないかも。主人公の「熊太郎」に対しては、なんかもう……感情移入とか、思いいれとか、エールを贈るとかいうよりも....

  • From: ぱんどら日記 |
  • 2006/01/11(水) 16:54:08

告白 町田康 ●

告白町田 康 中央公論新社 2005-03-25by G-Tools帯のあおりは、「人はなぜ人を殺すのか」。「河内十人斬り」という有名な犯罪を犯すことになる主人公・熊太郎の人生を、熊太郎の心理描写を中心につづった一冊です。重くてシリアスなテーマ、暗いストーリー、でも細かいエピ

  • From: IN MY BOOK by ゆうき |
  • 2006/01/24(火) 22:43:08

町田康【告白】

すごく面白いとは思うが、人によって好き嫌いが分かれるだろうな。というか、この小説を思いっきりの笑顔で「だ~いすき♪」と言える人は、かなり少ないかも。主人公の「熊太郎」に対しては、なんかもう……感情

  • From: ぱんどら日記 |
  • 2006/11/21(火) 13:11:25

この記事に対するコメント

トラバありがとうございました!なぜかこの記事にだけまたトラバがエラーになってしまう…。ごめんなさい(涙)。他のはできるのにぃ~!!

「多かれ少なかれ誰にでもある」というのは同感です。でも、それをここまで書いちゃうのか!書けちゃうのか!というところに私はとても衝撃を受けました。なんというか、目をそむけている部分なんです、私の中では…。それをこんなふうに突き詰めて、その結果こういう風になったということが、なんだか苦しくて…。うまくいえませんが!

  • 投稿者: chiekoa
  • 2005/07/16(土) 22:11:11
  • [編集]

はじめまして。つながる読書空間にも同じような感想を書かれてる方がいると思ったら同じ方だったんですね。

>多かれ少なかれ誰にでもある

近代自我や自意識に目覚めて久しく、あらゆるツールを用いて思弁の共有を図ることのできる今の時代に生きる私たちと、明治時代のしかも河内のど田舎の百姓の息子である熊太郎が私たちと変わらぬか、それ以上に複雑な思弁性を有していたとして河内十人斬りを描ききってるところは外せないポイントだと思うんですけど…まあ読み方はいろいろなので、熊太郎の思弁性が多かれ少なかれ誰にでもあるからのめりこめないのであれば、こんな別の見方もありますよということで書かせていただきました。

  • 投稿者: ナカヤマ
  • 2005/07/23(土) 19:01:06
  • [編集]

ナカヤマさん、つながる読書空間もみてくださりありがとうございます。

そうですね。
時代や地域性を考えると、おっしゃるとおり現代とはずいぶん事情が違うのはたしかですね。
けれど、そのことを考えに入れても、わたしは熊太郎に全面的に肩入れする気持ちにはなれなかったのでした。
河内十人斬りを描ききったという点は、まったく同感です。
だからなお、後味がよくなかったのかもしれません。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2005/07/23(土) 20:18:33
  • [編集]

共感できるけど

肩入れできない・・その気持ちよくわかります。傍にいてjほしくない人。
でも、作品としてはオススメの一冊です。

  • 投稿者: すの
  • 2005/11/13(日) 17:45:25
  • [編集]

そばにいられたら

厭ですねぇ、ほんとに。
けれど、昨今の残虐な事件を思ってみると
熊太郎のような人って意外と多いのかもしれない、とも思えてきます。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2005/11/13(日) 18:09:52
  • [編集]

コメント&トラバありがとうございました。
あまりにもあちらこちらで評判がいいので、小心者の私は、
ちょっと恐れをなして、誰にもトラバらないでいたのですが、
同じような感想の方がいらして、良かったです。
気持ちは分かるんだけど、のめりこめませんでした。
では。

  • 投稿者: ゆうき
  • 2006/01/24(火) 22:46:12
  • [編集]

そうなんですよねぇ(><;
熊太郎に共感しすぎると
昨今ますますエスカレートしている少年事件の加害者を
擁護しかねない(かなりオーバーですけれど)気もしたりして...。
誰にでも事情はあるでしょうけれど
裡に抱えて悶々とすること行動に移してしまうこととは
もう絶対的に別のことですからね..。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2006/01/25(水) 07:33:17
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する