FC2ブログ

古道具 中野商店*川上弘美

  • 2005/04/27(水) 20:37:51

☆☆☆☆・


≪骨董ではなく古道具屋≫なのだという店主中野さん。
その姉のマサヨさん。そしてアルバイト店員のタケオと この物語の語り手であるヒトミ が主な登場人物。

中野商店の中は、置いてある古道具のせいなのか、そこにいる人たちのせいなのか、なんとはなくいい加減で曖昧で、外の世界からはほんの僅か揺らいで浮き上がっているような雰囲気である。
そこにいる誰もがきちんと毎日商売をし、生活をしていて、描かれていることはものすごく生活感の漂うことごとなのだが、なぜかそこからは生活感が感じられない。
それぞれがそれぞれに 生きることに不器用なせいだろうか。
何かが少しずつぎこちなくずれていて、それが妙にこちらを心地好くするのである。
世間一般にいう普通にしているヒトミとタケオの様子の方が、何かが違うように思えてしまうのはなぜだろう。

V
V

TB
a bird shop
+ChiekoaLibrary+
本を読んだら・・・byゆうき
Four Seasons
ぱんどらの本箱

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

古道具 中野商店

古道具 中野商店中野商店という古道具屋でアルバイトをするヒトミのまわりの人たちはどこか独特の空気をもっている。ちょっとダメっぽい店主の中野さん。その姉ゲイジュツカのマサヨさん。ヒトミと恋仲なのかそうでないのかいまいちわからないタケオ。中...

  • From: a bird shop |
  • 2005/07/17(日) 18:19:54

古道具 中野商店 [川上弘美]

古道具 中野商店川上 弘美 新潮社 2005-04-01脱サラして二十五年、古道具屋を営む中野さんと、その店で働くヒトミとタケオ。ちょっと奇妙な彼らの日々を描いた物語です。あいかわらず淡々とした描写。細かく細かく描写されているのに、音もなく静かな感じがするのはなぜだろ

  • From: + ChiekoaLibrary + |
  • 2005/09/20(火) 11:20:31

古道具 中野商店 川上弘美

古道具 中野商店川上 弘美 新潮社 2005-04-01by G-Toolsまず、装丁がかなり好きでした。表紙も、背表紙も、題字も、少しかすれた印刷も。かわいい。章タイトルが商品の古道具の名前になっているところも、なんだか楽しげで、懐かしい雰囲気で、素敵。あと、やはり川上さん

  • From: IN MY BOOK by ゆうき |
  • 2005/12/05(月) 23:31:52

「古道具 中野商店」川上弘美

古道具 中野商店発売元: 新潮社価格: ¥ 1,470発売日: 2005/04/01売上ランキング: 8,325おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/01/30この本、図書館から借りたんですけど、とにかくコンディションが最悪で。蚊がね、いっぱい死んでたんですよ、本のページに挟まって

  • From: 本を読む女。改訂版 |
  • 2006/02/01(水) 00:46:28

[本]川上弘美「古道具 中野商店」

古道具 中野商店川上 弘美 / 新潮社店主が脱サラして始めた小さな古道具店“中野商店”で働くヒトミ。彼女は、同じ店で働くタケオと自然に恋人同士になる。彼らを取り巻く人間模様は・・・この本、タイトルから、色々な古道具にまつわるエピソードを中心とした連作を想像し

  • From: Four Seasons |
  • 2006/08/14(月) 19:17:52

川上弘美【古道具 中野商店】

店主の中野さん、アルバイトの菅沼ヒトミ、同じくアルバイトの桐生タケオ、ときどき手伝いに来る中野さんの姉マサヨ。 4人で切り回す「中野商店」は、あくまでも「古道具屋」であって、お宝を鑑定する骨董屋とは違う。

  • From: ぱんどらの本箱 |
  • 2007/09/11(火) 12:36:35

この記事に対するコメント

普通…だけどなんかテンションの低い感じがするからでしょうか??読後感もよくて好きなお話でした!

  • 投稿者: chiekoa
  • 2005/09/20(火) 11:21:16
  • [編集]

川上弘美さん

読み終えてしばらくしてから
じわじわぁっとあたたまってくるような
読後感ですね。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2005/09/20(火) 12:52:22
  • [編集]

TBさせていただきました

中野商店の日々は、現実とは紙一枚で隔絶されたような、
それでいて現実との接点もしっかりあるような、
微妙な感覚があり、それが不思議でした。

  • 投稿者: tamayuraxx
  • 2006/08/14(月) 19:51:01
  • [編集]

そうなんですよね。
大きく隔たっているわけじゃなく
ほんの薄紙一枚あるかないかくらいの隔たりが
なんだか現実から揺らいで立ち昇ってくる感じに浸ってしまうのでした。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2006/08/14(月) 19:58:59
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する