fc2ブログ

行動心理捜査官・楯岡絵麻 vs ミステリー作家・佐藤青南*佐藤青南

  • 2021/11/15(月) 16:27:43


累計72万部突破の大人気シリーズ最新刊!
刃物でめった刺しにした殺人事件の容疑者の男は、犯行は認めたが、なぜか被害者を認識していなかった。その後も酷似した殺害方法が続き、やがて被害者は皆、SNS上でミステリー作家・佐藤青南を批判していたことがわかる。佐藤は心理学を駆使する警察官が主人公のミステリーで人気を獲得。オンラインサロンを運営しており、多くの会員をもつ。佐藤に疑念を抱いた取調官の楯岡絵麻だが、佐藤は行動心理学に精通しており、絵麻に隙を見せない。さらに行動心理学で見破った事実は証拠にならないと豪語する佐藤。はたして佐藤青南の殺人教唆は成立するのか?


小説のなかで、作家本人と主人公が戦うという奇を衒った設定である。しかも、作家自身も、絵麻と同様マイクロジェスチャーが判るという特性を持っており、しかも、読み取られたからなんだと開き直るので、取り調べも厄介なことこの上ない。こんなときには、地道な捜査がものを言うのである。筒井・綿貫コンビの活躍があればこその解決だろう。現実と虚構が入れ子のようになった物語であり、ミステリー作家・佐藤青南は散々な扱われようだが、かえって作家自身に関する興味は募るかもしれない。いろんな意味で愉しい一冊だった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する