fc2ブログ

コロナ狂騒録*海堂尊

  • 2021/12/03(金) 18:26:08


あれから1年。浪速では医療が崩壊し、東京には聖火がやってきた――

ワクチンをめぐる厚生労働省技官・白鳥の奔走。そして、ついに東城大学医学部付属病院で院内クラスターが……。田口医師はこの難局をどう乗り越えるか!?

混迷を極める日本の2020—2021を描き尽くす、最新コロナウイルス小説!

『コロナ黙示録』に続く、現代ニッポンの“その後"。
累計1000万部突破『チーム・バチスタの栄光』シリーズ、書き下ろし最新作

(あらすじ)
2020年9月、新型コロナウイルスは第二波が収まりつつあった。安保宰三は体調不良を理由に首相を辞任、後継の酸ヶ湯政権がGotoキャンペーンに励み、五輪の開催に向けて邁進していた。
そんな中、日本に新型コロナウイルスの変異株が上陸する。それまで目先を誤魔化しながら感染対策を自画自賛していた浪速府知事・鵜飼の統治下、浪速の医療が崩壊し始め……。
浪速を再生するべく、政策集団「梁山泊」の盟主・村雨元浪速府知事が、大ボラ吹きと呼ばれるフリー病理医の彦根医師や、ニューヨーク帰りの天馬医師とともに行動を開始する。


いささか肩透かしを食った印象ではある。一応、バチスタシリーズの登場人物を動かして、事を起こそうとはしているが、ほとんどは、このところのコロナ騒動の備忘録のようなものである。大方、すでにわかっていることで、その合間にちょこちょこと、田口先生や白鳥さんたちが画策し、政府の動きの裏側がちらっと描かれているという感じで、小説としては物足りない。ただ、作中でも触れられているが、政府のほとんど黒塗りの公文書と違い、削除されることがない小説という形で記録を残した買ったという意図なら、理解はできる。とは言え、あくまでも、一私人の私見でしかないという点では、正確な記録かどうかという点にも疑問は残る。いささか読むのに苦労した一冊ではあった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する