fc2ブログ

求めよ、さらば*奥田亜希子

  • 2022/04/29(金) 18:12:08


あなたの「愛」は、本当にあなたが感じたものですか? 令和最強の恋愛小説

理想の夫だったあの人は、私を、愛してはいなかった――。
三十四歳、結婚して七年、子供なし。夫には、誰にも言えない秘密がある。

===

翻訳家として働く辻原志織は、三十四歳。五年の交際を経て、結婚をした夫の誠太は、友人から「理想の旦那」と言われ、
夫婦生活は安定した温かさに満ちていた。ただひとつ、二人の間に子どもがいないことをのぞいては。あるとき、志織は誠太のSNSに送られた衝撃的な投稿を見つける。

自分の人生に奥さんを利用しているんですね。こんなのは本当の愛じゃないです。

二週間後、夫は失踪した。残された手紙には「自分は志織にひどいことをした、裏切り者だ」と書かれていて――。


上記紹介文の冒頭の帯の言葉は、いささか煽りすぎな気がするが、夫・誠太にとってはそのくらいの気持ちだったのかもしれない、とは思う。置手紙を残して出ていかれた妻・志織にとっては、寝耳に水以外の何物でもなく、上手くいっているとしか思っていなかった、これまでの結婚生活のすべてが信じられなくなったことだろう。初めの章は、志織の視点で描かれ、次に誠太の視点で描かれる同じ時期の物語は、同じものを見ていたとしても、当たり前だが、それぞれに見えているものは少しずつ違い、併せて読むことによって、ひとつの景色が見えてくる。あたたかい気持ちに満たされた景色である。それがどうして――、と思うが、誠太にとってはいたたまれなかったのかもしれない。最後の章があってよかった。本音で話し合うことの大切さを、改めて思わされる。この二人なら、これから先もずっと大丈夫だと満たされた気持ちで読み終えられた一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する