fc2ブログ

団地のふたり*藤野千夜

  • 2022/07/13(水) 16:30:39


50歳、独身、幼なじみ。
小さな恥も誇りも初恋もほとんど全て知っているから、のほほんと気楽でいい。
話題書『じい散歩』の著者・藤野千夜 最新作
五十歳を迎え、生家である団地に戻った幼馴染の二人、なっちゃん(桜井奈津子)とノエチ(太田野枝)。売れないイラストレーターのなっちゃんは今やフリマアプリでの売り上げが生計のメインで、ノエチは非常勤講師の仕事のストレスを日々友に吐き出す。保育園からの付き合いの二人がゆるく、のんびり毎日を過ごす。
友情をユーモアと温かさたっぷりに描いた傑作。


一度は出たものの、実家に戻り、昭和の香りが強く漂う古びた団地に暮らす50歳の幼馴染のふたりの、取り立てて劇的なことも起こらないが、些細なあれこれがたっぷり詰まった日々のことが、ゆるく淡々と語られていて、好ましい。家族以上にお互いを知り尽くしている奈津子と野枝をずっと見ていたくなる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する