FC2ブログ

赤い長靴*江國香織

  • 2005/05/22(日) 21:26:00

☆☆☆・・




14編の連作短編集 

 二人なのに一人ぼっち、
 ただふわふわと漂っている。
 寄る辺もなく。
 
 江國マジックが描き尽くす 結婚という不思議な風景

                       (帯より)


既婚者として、よくわかる部分と理解が難しい部分とがありはしたが、他人同士がひとつ屋根の下で家庭を作ることの不自然さ・不思議さが的確に描かれていると思う。
主人公となる夫婦に子どもがいないこともまた微妙な違和感を際立たせているのかもしれない。

笑うことは泣くことに似ている、という妻・日和子のしあわせなのかもしれない哀しさは、たぶん夫には永遠に理解できないだろう。きっとそれは、この物語の夫婦だけではなく。

 TB
ちえこあさん

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

赤い長靴 [江國香織]

赤い長靴江國 香織文藝春秋 2005-01-15結婚して十年になる日和子と逍三の夫婦。日和子の、そして逍三の視点から語られる、二人の日々の物語。連作短編集です。これはまた江國さんらしいというか、ものすごく淡々と描写、描写、描写です。何も起こらない四十歳くらいの夫婦の

  • From: + ChiekoaLibrary + |
  • 2005/07/26(火) 13:22:42

赤い長靴*江國香織

☆☆☆・・14編の連作短編集  二人なのに一人ぼっち、 ただふわふわと漂っている。 寄る辺もなく。  江國マジックが描き尽くす 結婚という不思議な風景                     

  • From: まろ茶らいふる |
  • 2006/07/02(日) 10:43:30

この記事に対するコメント

結婚したことないので(したくてもできない…)どのあたりまでリアルなのかはわかりませんでしたが、それでもぞくっとさせるものがありました。結婚…するのが怖くなっちゃうような。(いや、したくてもできないでこの歳なんですけど!)

  • 投稿者: chiekoa
  • 2005/07/26(火) 13:24:21
  • [編集]

男と女

永遠にお互いを理解できないのかもしれない
なんてこれを読んで(ますます)思ってしまいました。
同じ言葉を話してはいるんだけれど
通じない気がすることって
たぶん誰にでもあるんじゃないかしら。

これから結婚する人は
たしかに怖くなっちゃうかも・・ですねぇ^^;

  • 投稿者: ふらっと
  • 2005/07/26(火) 13:30:39
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する