FC2ブログ

噂*荻原浩

  • 2005/07/25(月) 13:29:26

☆☆☆☆・



東京エージェンシーはクライアントのひとつであるミリエル社のローズという香水の販売促進のために、企画会社・コムサイトに販促企画を依頼した。
コムサイト社長・杖村沙耶が打ち出したのは、WOMといういわばクチコミ戦略だった。
街頭でアンケートに答えた少女たちを集め、モニターとしてミリエルを配り、法外なアルバイト料を提示して情報を知り合いに伝えさせ、伝達先をレポートとして提出させる。その会場で杖村がついでのように話したのは

 「ニューヨークで、人気のない公園を歩いている可愛い女の子が
 黒いレインコートを着た男に殺され、足首から先を切り取られる。
 だが、ミリエルのローズを着けていれば狙われない。
 噂によると、レインマンはいま日本にいるらしい」


というものだ。
その後、噂は伝播していき、実際に同じ状況の殺人事件が起きる。
本庁の警部補・名島と所轄の巡査部長・小暮がチームを組まされ捜査に当たる。

噂という目に見えないものが、さまざまな形で描かれている。商戦のひとつだったり、中傷だったり、復讐だったり。
形のないものだからといって決して侮れないと思い知らされる。
レインマンを模した(?)連続殺人の犯人は、噂の威力と恐ろしさを意図的に操ったのだろうか。信じられない、信じたくない極個人的な趣味のために。

そして、著者はラストのひと言に何を篭めたのだろうか。
まさか!と思いたいのだが、326ページの会話を思い出すと、恐ろしい推測は当たっているのかもしれない。

V
V

TB
本を読んだら・・・byゆうき
AOCHAN-blog
気楽に♪気ままに♪のんびりと♪
読書・映画・ドラマetc覚書
じゃじゃままブックレビュー

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

噂 [荻原浩]

噂荻原 浩講談社 2001-02「女の子を殺して足首を切る殺人鬼レインマンが出没している。でもこの香水をつけていれば狙われない」。新しい香水を売るために仕掛けられたニセの噂。しかしその噂通りの殺人事件が発生してしまいます。刑事・小暮は犯人逮捕のため捜査を続けます

  • From: + ChiekoaLibrary + |
  • 2005/07/25(月) 13:43:45

[荻原浩] 噂

ISBN:4062104636:detail ★★★★☆ とりあえず、今まで読んだ荻原浩作品の中では、私的にNo.1。 日本に初上陸する無名の香水ブランド・ミリエル。その宣伝のために、広告代理店の美しい女社長は「口コミ」という手段を使います。「女の子をさらって足首を切り落とす、

  • From: ゆうきの読書日記(Yu-Ki’s Reading Diary) |
  • 2005/07/25(月) 20:33:55

「噂」荻原浩

噂posted with 簡単リンクくん at 2005. 8. 1荻原 浩著講談社 (2001.2)この本は現在お取り扱いできません。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る「オロロ畑でつかまえて」「なかよし小鳩組」に続く、荻原浩。あまり前知識なく図書館で借りたが、どうやらミステリだった。

  • From: 本を読む女。改訂版 |
  • 2005/08/01(月) 16:10:42

「噂」荻原浩

タイトル:噂著者  :荻原浩出版社 :新潮社文庫読書期間:2006/06/09 - 2006/06/13お勧め度:★★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを

  • From: AOCHAN-Blog |
  • 2006/06/19(月) 23:26:23

********************************************************************** 「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。 でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。 香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの 女子高生がスカウトされた。

  • From: 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ |
  • 2006/11/14(火) 15:19:52

噂  荻原浩

噂/荻原 浩 荻原浩 新潮文庫 2006STORY:「ミリエルという香水をつけていると足首を切る殺人者・レインマンにあわない」という噂が流れる中、足首を切られた遺体が発見される。刑事の小暮は警部補の女性・名倉とともに捜査を始めるが・・・。感想: 荻原浩は

  • From: 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) |
  • 2007/06/19(火) 11:51:11

噂 荻原浩著。

≪★★☆≫ 香水を売り出すために、口コミの噂を利用した戦略を打ち出した企業。女子高生をモニターとしてスカウトし、その会場で女の子の足首を切り取るレインマンという殺人鬼の話をする女性実業家。 それはただの噂で、ただの戦略にすぎなかったのに、事件が実際に起こ...

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2008/06/22(日) 22:52:31

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2010/05/08(土) 07:35:52

この記事に対するコメント

すごい偶然!

同じ日にアップですね~!なんだかすごい!

  • 投稿者: chiekoa
  • 2005/07/25(月) 13:44:49
  • [編集]

うれしぃ♪

一緒にハラハラドキドキしていたんですね。
いろんな意味でものすごく衝撃的でしたね。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2005/07/25(月) 13:49:13
  • [編集]

私が読んだのは文庫だったので、326ページの会話ドキドキしながらめくったんですけど、多分全然違うみたいです。(涙)
序盤は、展開がちょっと遅くて退屈に感じるところもあったんですけど、終盤は衝撃的でした~!

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2008/06/22(日) 22:56:38
  • [編集]

わたし自身も、もうどんな会話だったか忘れているのだけれど・・・。
本屋さんで謎解き・・・でしょうか^^;

  • 投稿者: ふらっと
  • 2008/06/23(月) 06:38:12
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する