fc2ブログ

ななつのこ*加納朋子

  • 2005/08/14(日) 17:14:59

☆☆☆・・



 第3回鮎川哲也賞受賞作
 郷愁を誘う幻想的な作品集『ななつのこ』の著者との交流を通して、
 日常の中の謎を解き明かしていく主人公――

 期待の女流作家が贈るほのぼのとした連作推理長編!
   (帯より)


短大に通う入江駒子が書店の新刊本コーナーで偶然見つけた『ななつのこ』という短編集に惹かれ、著者である佐伯綾乃に生まれて初めてのファンレターを書くところから物語ははじまる。

加納朋子著の『ななつのこ』のなかに、佐伯綾乃著の『ななつのこ』が入れ子になっている、という構成にまず目を惹かれる。
そして、佐伯綾乃著の『ななつのこ』のなかではやて少年があやめさんにちょっとした謎の答えを求めるように、駒子もまた日常生活で出会った謎を ファンレターという形で佐伯綾乃に提示し、返信という形でなされる佐伯綾乃の謎解きの鮮やかさとやさしさにまた惹かれるのだ。
≪ななつのこ≫に与えられたもうひとつの意味は読んでからのおたのしみ。

それにしても、駒子の謎を解いてくれる佐伯綾乃そのものが、解かれるべき謎だったとは!

 TB
ちえこあさん
ざれこさん
blanketさん

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(書評)ななつのこ

著者:加納朋子 入江駒子、19歳、短大生。そんな彼女が、ふと見つけた短篇集『なな

  • From: たこの感想文 |
  • 2005/10/03(月) 18:58:06

「ななつのこ」加納朋子

ななつのこposted with 簡単リンクくん at 2005. 6.16加納 朋子東京創元社 (1999.8)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る帰りの電車で読む本がなくて本屋に寄って即座に買った本です。 あーそういやまだ読んでなかったと。 この作家さんなら

  • From: 本を読む女。改訂版 |
  • 2005/11/29(火) 16:20:48

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する