FC2ブログ

容疑者Xの献身*東野圭吾

  • 2005/09/13(火) 13:23:51

☆☆☆☆・

容疑者Xの献身 容疑者Xの献身
東野 圭吾 (2005/08/25)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

ガリレオ先生こと湯川教授のシリーズ。

花岡靖子は5年前に離婚して、今は中学生になる娘美里と二人暮しをしている。そんなとき、元夫で、生活能力がないろくでなしの富樫にお金目当てに復縁を迫られ、美里に手を出そうとしたので思い余って殺してしまう。

ほどなく、荒川の河川敷で顔を潰され指紋を焼かれた死体が見つかった。付近に止められていた盗難自転車についていた指紋から間もなく身元が割れ、元妻の花岡靖子の元に聞き込みの刑事が訪れる。
靖子の隣人の石神は高校の数学の教師で、聞き込みに訪れた刑事の一人草薙とは偶然に同じ大学の出身であり、草薙の同窓生であり友人である湯川教授とも知り合いだった。
学生時代、湯川と石神は才能を共有できる数少ない存在だったのだ。
湯川の観察眼と推理力は、どんどん事件の核心へ迫ってゆき、それに連れて沈み込む姿も見られるようになる。どういうことなのか。
容疑者Xの、幾重にも張り巡らせたバリアは湯川という存在がなければおそらく完璧に成功し、欺かれたとも気づかれないうちにXの思うとおりに処置されたのだろう。
これほどまでに自分を捨て、想う相手の幸福を望むことができる容疑者Xの愛の深さを想わされる。しかし、この事件ではどんな結末も 誰をも幸せにしないのだ。

V
V

TB
おいしい本箱
本を読んだら・・・byゆうき
+ChiekoaLibrary+
今日何読んだ?どうだった??
たりぃの読書三昧な日々
AOCHAN-blog
miyukichin’mu*me*mo*
MESCALINEDRIVE
読書・映画・ドラマetc覚書

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

容疑者Xの献身 東野圭吾

容疑者Xの献身東野 圭吾 文藝春秋 2005-08-25by G-Toolsネタバレあり!でもラストだけは言わない!高校の数学教師・石神は、隣人・靖子に思いをよせています。毎日彼女の顔を見に、彼女の働くお弁当屋さんに、弁当を買いに行くのが日課です。ある夜、石神は、靖子と娘の美

  • From: IN MY BOOK by ゆうき |
  • 2005/12/03(土) 13:50:03

「容疑者Xの献身」東野圭吾

容疑者Xの献身発売元: 文藝春秋価格: ¥ 1,680発売日: 2005/08/25売上ランキング: 262おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/01/121月12日時点の感想。1月17日以降書き直すかもしれないけど、そのままかもしれない。感想の前に。直木賞獲れますように。神様仏

  • From: 本を読む女。改訂版 |
  • 2006/01/12(木) 16:42:12

「容疑者Xの献身」

東野圭吾の「容疑者Xの献身」を読みました。読んでしまいました。一気に。 言わずと知れた直木賞受賞作。もちろん東野作品であり、あの「ガリレオ」シリーズであり、それ以前からずっと読みたいとは思っていたので

  • From: はぐれ雲 |
  • 2006/01/30(月) 10:35:21

容疑者Xの献身 [東野圭吾]

容疑者Xの献身東野 圭吾 文藝春秋 2005-08-25アパートの隣人・靖子に思いを寄せる、さえない高校教師の石神。ある日その彼女が殺人事件を起こしてしまったことを知った彼は、愛する人を守るため完全犯罪を目論む。石神の友人でもある湯川は、果たして真実に迫ることができ

  • From: + ChiekoaLibrary + |
  • 2006/03/06(月) 17:21:37

東野圭吾の「容疑者Xの献身」を読んだ!

著者の東野圭吾は、略歴によると、1958年大阪生まれ、大阪府立大学電気工学科卒業。「放課後」で江戸川乱歩賞、「秘密」で日本推理作家協会賞を受賞、とあります。作家には珍しく、工学系の出身なんですね。そう、ミステリ作家、東野圭吾の代表作?と言われている「秘密」

  • From: とんとん・にっき |
  • 2006/07/29(土) 13:54:41

「容疑者Xの献身」 東野圭吾

容疑者Xの献身posted with 簡単リンクくん at 2007. 1. 8東野 圭吾著文芸春秋 (2005.8)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

  • From: 今日何読んだ?どうだった?? |
  • 2007/01/10(水) 13:30:44

「容疑者Xの献身」(東野圭吾著)

 今回は 「容疑者Xの献身」 東野 圭吾著 です。この本は平成17年度の第134回直木賞受賞作ですね。

  • From: たりぃの読書三昧な日々 |
  • 2007/02/18(日) 20:30:02

「容疑者Xの献身」東野圭吾

タイトル:容疑者Xの献身著者  :東野圭吾出版社 :文藝春秋読書期間:2007/03/07 - 2007/03/08お勧め度:★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]これほど深い愛情に、これまで出会ったことがなかった。いやそもそも、この世に存在することさえ知らなかった。運命の数

  • From: AOCHAN-Blog |
  • 2007/04/10(火) 21:15:31

容疑者Xの献身/東野圭吾 [Book]

 東野圭吾:著 『容疑者Xの献身』 容疑者Xの献身文藝春秋このアイテムの詳細を見る  『白夜行』『幻夜』の読後感が好きじゃなかったこともあって、 なんとなくしばらく遠ざかっていた東野さんですが、 2005年下半期の直木賞受賞作ってことで、 読んでみました(図書

  • From: miyukichin’mu*me*mo* |
  • 2007/05/01(火) 22:26:13

幾何の問題に関数の解法で臨む愚か

東野圭吾「ガリレオ」シリーズは、つい先達て単行本が2冊同時に刊行となった。私は『探偵ガリレオ』から『容疑者Xの献身』まで文庫本で揃えているので最新刊は文庫落ちを待つつもりだ。とは云っても、石神の事件の後の湯川や草薙の消息は気になる。ああ、悩ましい。

  • From: MESCALINE DRIVE |
  • 2008/11/04(火) 06:47:41

容疑者Xの献身  東野圭吾

容疑者Xの献身 (文春文庫)/東野 圭吾 東野圭吾 文春文庫 2008  STORY: 高校の数学教師・石神は秘かに恋心を抱く隣の部屋の住人が殺人を犯したことに気づき、手助けを申し出る。石神は湯川の同期で好敵手であった。草薙は湯川に協力を願うが、今回ばかりは協...

  • From: 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) |
  • 2009/01/05(月) 11:42:20

この記事に対するコメント

TBありがとうございます。

確かに最後は辛かったですね。
やはり罪を犯した、というところからは
誰も逃げられない、ということなんでしょうが・・。東野さんの小説は最近重いテーマが多いですね。「さまよう刃」もつらかったなあ・・。

今日もTBしようと何回もやったのですが、やっぱりできない・・。本当にいつもすいません。なんでなのかわからないんですが。
問い合わせをしてもらちがあかないし・・。
していただくばっかりですね。申し訳ないです。

  • 投稿者: ERI
  • 2005/10/12(水) 21:59:38
  • [編集]

いぇいぇこちらこそ

TB反映されなくて申し訳ありません。
blogによって相性があるみたいで
ここのトラブル掲示板にも
「どこそこのblogにはTBが送れない」
なんていう書き込みがたくさんあります。
まだ発展途上なのかしらね。
これに懲りずにおつきあいくださいませ。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2005/10/13(木) 07:27:16
  • [編集]

こんにちは!

> この事件ではどんな結末も 誰をも幸せにしないのだ。

本当に、そうでしたねー。つらいラストでした。blogをめぐっていたら、湯川は黙っているべきだ、と、いう意見がけっこうあったんですよねー。どうなんでしょうね?私は、靖子があまり好きになれなかったので、そんなのは嫌なんですけど・・・。でも、あまりにも石神は可哀想でしたよね。では。

  • 投稿者: ゆうき
  • 2005/12/03(土) 13:31:06
  • [編集]

わたしも靖子にはあまり肩入れできませんでした。
その分石神の心情が辛かったですね。
東野さん止まりませんねぇ♪

  • 投稿者: ふらっと
  • 2005/12/03(土) 13:54:59
  • [編集]

やっぱりみんな靖子があまり好きじゃないんですね!仲間だ…!どうしてでしょうね?ずるいばっかりに見えてしまいました。美人だからやっかんでるのかしら、わたし…(笑)。

  • 投稿者: chiekoa
  • 2006/03/06(月) 17:22:53
  • [編集]

 こんにちは♪
 TB&ご訪問、どうもありがとうございました。

>しかし、この事件ではどんな結末も 誰をも幸せにしないのだ。

 なるほど、、言われてみれば、そうですよね。
 そういうところも、すごくせつないですよね。

 東野さん、やっぱりすごいなぁ。

  • 投稿者: miyukichi
  • 2007/05/03(木) 14:38:01
  • [編集]

ほんとうに切ないですねぇ。
湯川先生も、石神も。
もっと別の形で再会させてあげたかった、なんて思ってしまいます。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/05/03(木) 22:03:39
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する