fc2ブログ

その日のまえに*重松清

  • 2005/09/18(日) 11:34:26

☆☆☆☆☆



変則的な短篇連作集とでもいうのだろうか。
テーマは≪死≫である。
死んでゆくものと、大切な人をこれ以上ない確かさで失おうとしている人の 死の瞬間=その日 までと、その日の後の遺された者たちの物語である。
平気で雑に生きていた日々が、癌を告知された瞬間からガラリと姿を変え、当人も周りも否応なく≪死≫という重石を頭の上に乗せられて生きることになる。

『ヒア・カムズ・ザ・サン』の
 感情の高ぶらない悲しさって、ある。
 初めて知った。
 涙が、頬ではなく、胸の内側を伝い落ちる。

という一節が、深い悲しみを言い得ていると思う。

亡くなりゆく当人、残されるパートナー、子ども、親、いろいろな登場人物の立場にほんのしばらく立ち止まり、さまざまな悲しみの涙を流した。



V
V

TB
本を読む女。改訂版

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

重松清*その日のまえに

重松清さんの新刊なんだか,私,実家に帰ると本ばっかり。この本もママが買ってて,すすめてきたもの。読む前にママから,「死にそうな人が昔の思い出の地を巡ったりするの」って聞いてたから,だいたい想像はできてたんだけど,やっぱり泣きましたやっぱり,この人は家族も

  • From: 社会人2年目、新人OLあこの日記(仮) |
  • 2005/09/18(日) 12:18:18

その日の前に 重松清

その日のまえに重松 清 文藝春秋 2005-08-05by G-Toolsネタバレ警報発令!完敗。私は、基本的に、お涙頂戴系には評価が厳しいんです。特に、病気で人が死ぬものと、ペットが死ぬものには、きついです。いくら小説の中だからって、読者を泣かせるために、簡単に命を奪うなよ

  • From: IN MY BOOK by ゆうき |
  • 2005/12/17(土) 02:58:57

この記事に対するコメント

初めまして☆
TBさせていただきました☆
私もこの本を読みながら,
自分だったら・・・とか自分の親だったら・・・・
と考えながら,涙を流しながら読みました。

たくさん本を読まれているんですね!
一番オススメの作家さんを教えて下さい!

  • 投稿者: あこ
  • 2005/09/18(日) 12:25:39
  • [編集]

はじめまして♪

お薦めはいろいろあるんだけれど、
このところのお気に入りは
加納朋子さんや 荻原浩さんです。

以前からのお気に入りは
伊坂幸太郎さんや横山秀夫さんや
東野圭吾さんや北村薫さんや・・・・・・
ふふ..書ききれないです^^;

  • 投稿者: ふらっと
  • 2005/09/18(日) 17:25:25
  • [編集]

私のブログへのコメントありがとうございます☆
東野圭吾さんや北村薫さんは,たまに読むのですが,
それ以外は読んだことないので,
今度チェックしてみたいと思います。

  • 投稿者: あこ
  • 2005/09/18(日) 22:06:16
  • [編集]

こんにちはー。遅ればせながら、読みました。泣くもんか!と、思っていたはずなのに、結局号泣(笑)。TBさせてくださいね!

  • 投稿者: ゆうき
  • 2005/12/17(土) 02:53:39
  • [編集]

五つ星
滅多につけないんだけれど
これは文句なく☆☆☆☆☆でした。
お風呂の中で気兼ねなく泣きました。

著者が安易に泣かせようとして書いたのだとは思えないからかもしれません。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2005/12/17(土) 09:26:02
  • [編集]

こんにちは。
突然失礼します。
東京都板橋区に本拠地を置く劇団銅鑼と申します。
重松清原作「流星ワゴン」舞台化のご案内です。
あの映画監督・行定勲氏も先日池袋公演をご覧になり、絶賛しました!!
2月3日~2月5日相鉄本多劇場(横浜)・2月9日兵庫県立芸術文化センター中ホール(西宮)で上演します。
公演の詳細は劇団銅鑼HP
http://www.gekidandora.com
をご覧下さい。
昨年東京で初演、高い評価を受け、口コミでSOULD OUTを出せた作品です。
お近くでしたら、是非ご覧下さいませ。
よろしくお願いいたします。

劇団銅鑼 制作 田辺素子
〒174-0064 東京都板橋区中台1-1-4
TEL:03-3937-1101
FAX:03-3937-1103
URL http://www.gekidanora.com
e-mail gekidandora@pop12.odn.ne.jp


  • 投稿者: 劇団銅鑼
  • 2006/02/03(金) 17:09:41
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する