fc2ブログ

嫌われ松子の一生*山田宗樹

  • 2005/09/29(木) 17:17:25

☆☆☆☆・



 九州から上京し二年目の夏を迎えた大学生・川尻笙は、
 突然の父の訪問で三十年以上前に失踪した伯母・松子の存在と、
 その彼女が最近東京で何者かに殺されたことを知る。
 松子の部屋の後始末を頼まれた笙は、
 興味本位から松子の生涯を調べ始める。
 それは世間知らずの彼にとって凄まじい人生との遭遇だった。
 殺人歴を持つ男やかつての友人との出会いを経て、松子が聖女ではなく
 小さな幸せを求め苦闘した生身の女性であったことに気づいていく笙。
 いつしか彼は、松子の彷徨える魂を鎮めるために、
 運命の波に翻弄されつづけた彼女の人生の軌跡を辿っていく――。

                              (見返しより)


嫌われ松子というタイトルから、松子という女性はどれほど人々に忌み嫌われたのだろうかと思って読みはじめたのだが、その実、松子のことを心底嫌った人は一人もいなかったのではないかと思わせられた。
その晩年こそは周囲の人に得体の知れない薄気味悪さを感じさせていたかもしれないが、波乱万丈の人生のときどきでは憧れられ、求められ、愛されてさえいたのである。それならばなぜ著者はこんなタイトルをつけたのだろう。
思うにそれは、松子自身の胸の裡の切なく狂おしい想いだったのではないのか。
病弱な妹を第一に可愛がり、自分のことをほとんど省みなかった――と松子には思われた――父に、好かれたいのに、何をどうしても好かれないばかりか、良かれと思うことがどんどん悪い方に転がり泥沼に入り込み、父を落胆させる道ばかり歩んでしまう己自身を哀れむ気持ちの表れなのではないだろうか。

松子の歩いてきた人生と、笙が調べまわる松子の生き様とが交互に描かれ、どうして松子はここまで哀しい一生を送らなければならなかったのかと、どこか歯車の食い違った一瞬へ彼女を連れ帰ってやりたい想いにかられるのである。

V
V

TB
本を読む女。改訂版
文学な?ブログ
soramove
じゃじゃままブックレビュー

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「嫌われ松子の一生」山田宗樹

 友達の友達は不幸顔だ。とてもかわいいし、一回だけ合コンで一緒になったことがあるけど、「すごいですねー」と男性の話を一生懸命聞いてとても好感度高かったのに、女子だけになったとたん「なんで割り勘なんー。信じられへーん」なんて言っててびっくりしちゃったが、奢

  • From: 本を読む女。改訂版 |
  • 2006/05/29(月) 22:52:54

嫌われ松子の一生/山田宗樹

やるせない思いで最終頁を閉じました。些細なことに何度も自分を見失い、流され、それでも死より生きることを選んできた松子。その人生の終わりがこれではあまりに辛すぎます。体の弱い妹に父の愛情を奪われ、父の希望をかなえようとなった教師の職を追われ、失踪してあちこ

  • From: 文学な?ブログ |
  • 2006/06/18(日) 16:43:25

嫌われ松子の一生

映画、嫌われ松子の一生の一生を見てきました。ネタバレです。最初に松子が死んでいるところから話が始まるのですが本人は、いないのにどうやってこの先話を進めていくのだろうと思っていたらうまい具合に話が繋がっていって見ていて飽きなかったです。もともとの素材として

  • From: ブログ:映画ネット☆ログシアター |
  • 2006/06/19(月) 09:30:35

「嫌われ松子の一生」中谷美紀は代表作を手に入れた

「嫌われ松子の一生」★★★★オススメ中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介主演中島哲也監督、2006年リアルを排除し、劇画タッチで夢のような作品。悪趣味に近い表現が随所に散りばめられて、「これは映画じゃない」と正統派の心の声が叫ぶが、「一人になるより...

  • From: soramove |
  • 2006/06/23(金) 19:02:17

「嫌われ松子の一生」を読んだ!

単行本表紙2003年2月10日の第1刷発行だから、3年半前ということになりますが、その頃から気になっていた本でした。たまたま1ヶ月ぐらい前にブックオフで買っておいたものを、つい最近読み終わりました。幻冬舎創立9周年記念特別作品、とあります。9周年とは、これまた中途半

  • From: とんとん・にっき |
  • 2006/07/19(水) 09:13:33

嫌われ松子の一生 山田宗樹著。

映画もドラマも見てないけど、読んでる最中いろんな松子が中谷美紀ちゃんだった。 松子の一生をざ~~っと振り返ってみると、不幸じゃん。最後は殺されちゃうんだし。それなりの家に育ち、才媛で、本当なら良妻賢母の人生を歩んだであろう松子。 人生の歯車って本当に一瞬で変

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2007/04/12(木) 10:10:30

この記事に対するコメント

確かに松子を忌み嫌った人って、あの弟以外はいなかったですね。
どこにいっても松子は、その時その時の自分の信じる道をまっすぐに生きてきただけなんですよね、だから周囲も認めてくれる。

弱い女性ではあったけど。歯車が違ってしまった一瞬って、その時は未来のことなんか分からないだけに、怖いですよね。

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2007/04/12(木) 10:12:38
  • [編集]

ほんとうにその通りですね。
気を抜いて歯車を回せない心持ちになります。
松子の健気さが切ないです。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2007/04/12(木) 18:34:53
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する